x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

x3ru9x

フランス

2014年3月25日 フランス 中国

返信

>>

 今回の3日間にわたる習近平国家主席の滞在を経て、仏中両国間の経済関係が再び活気を取り戻すことになるかもしれない。中国の習近平国家主席はこの火曜日の夜、リヨンに到着した。初の訪仏という記念すべきこの日、象徴的な儀礼に敏感な中国の関心を惹きつけようと、フランスは豪華な対応を惜しまなかった。

 中国国家首席による欧州歴訪という最も重要な日程の中、3泊3日という時間をフランスに費やすのは、単なる偶然ではない。主席の公式訪問は、シャルル・ドゴールと毛沢東によって成立した中仏国交樹立50周年記念の枠内で行われているものであり、そこには経済的な意味が色濃く含まれている。

<<


 中国とフランスは同盟国。 フランスはしっかり中国を抱き込んでいた。

中国戦勝70周年とはイスラムとの戦いの始まりの年。 ノルマンディー上陸70周年と同じ。


● 2015年1月15日 ニュース : 「中国、ウイグルから出国しようとした9人を拘束」

>>

 【北京=佐藤大】 上海市の公安当局が昨年十一月、トルコの偽造旅券を使って出国しようとした疑いで、ウイグル族九人を拘束していたことが分かった。国際情報紙・環球時報が十四日伝えた。中国当局は、ウイグル族が不法に出国し、イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」などに合流することを恐れ、警戒を強めている。


 九人は、シリアなどを目指し、上海浦東空港から不法出国しようとしていた。当局は、偽造旅券を準備したなどとしてトルコ人十人と中国人二人も拘束。トルコ人らは一人当たり六万元(約百十万円)を報酬として受け取っていたという。


 習近平政権は、ウイグル族がシリアなどで戦闘に参加した後、中国に戻ってテロを行うことを警戒。不法出国するウイグル族の多くが経由するとされるトルコとの連携がテロを防ぐカギとみて、昨年十一月、司法部門トップの孟建柱・中央政法委員会書記を特使としてトルコに派遣していた。

<<

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

2014年6月6日 ノルマンディー上陸作戦 70周年

返信

>>

 ノルマンディー上陸作戦は第2次世界大戦中の1944年6月6日、アメリカ軍を主体とする連合軍がナチスドイツに占領されていたフランス北西部のノルマンディーの海岸から上陸したもので、70年となる6日午前、日本時間6日午後6時ごろから、フランスとアメリカによる記念式典が開かれました。


 この中で、オバマ大統領は「ノルマンディーは、民主主義の足がかりとなった。われわれの勝利は、20世紀を決定づけただけでなく、後世の安全保障を形づくった」と評価しました。


 そのうえで、「われわれは、かつての敵を新しい同盟国に変えるために取り組み、新たな繁栄を築いた。この70年、民主化の動きが広がった」と述べ、連合国側の勝利をたたえるとともに、自由のために戦うアメリカの姿勢は変わらないと強調しました。

<<


 そして今年、フランスも参戦せざるを得なくなった。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.