x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

x3ru9x

トルコリラ大暴落の裏話

返信

https://www.youtube.com/watch?v=ikBP146d7Sw

 おもしろいなー..  何かが迫ってきている..


 第三次世界大戦が通貨戦争だとしたら、日本はその準備をずっとしてきたことになる。


● 動画一覧

https://www.youtube.com/channel/UCbGpIw5LmPNu4nSWqlaiu7g/videos

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ここ2、3週間の間に株価暴落があるらしい。

返信

https://www.youtube.com/watch?v=P8jVYPXBFt0

 ヒンデンブルグオーメンという指標があって、それが点灯しているとのこと。 確率40%。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

経典がないことから派生するもの

返信

 たとえば、ある国に旅行したとして、その国がものすごくキリストの教えを体現した国であるなら、そこで出会う人、出会う出来事に聖書の言葉を浮かべてしまうだろう。

 そうしたあとに、旅行から帰ってきてその国のことを動画などで表現したなら、 聖書のフレーズを引用しなからその国での体験を面白く語るという形になる。 つまり、言葉で表現してしまえる。

 もし、その同じ旅行者が日本に来たらどうなるか。 この国はものすごく神道という宗教を体現した国であるのに それを象徴的に表現する言葉(経典の引用) が見つからない。 そうして 動画を作ったなら、言葉では表現できない何かがあった、という表現になる。



 神道は長い時間を経て日本のすみずみにまで浸透している。 しかし、その神道を象徴的に表現するようなフレーズ(言葉) がないので神道のことを簡単に(ステレオタイプに) 言葉にできない。 だから独特な雰囲気(言葉で表現できない何か、空気) が醸し出される。



 外国人が日本に来て、日本人と触れ合い、日本人と戦い している間に言葉にできない何かを感じるようになる。 それこそが神道の片鱗である。

 しかし、外国人も言葉にできないのだから日本人もそのことを言葉で聞くこともない。 だから日本人は外から見たときの神道のことはわからない。

 日本人は沈黙の中で ただ 神道の体現者として存在するのみ。   日本人は神道の体現者として ただ 沈黙と雰囲気の中で存在している。 そこに言葉はない。 命と所作があるのみ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

外国人に日本文化の核心中の核心とは? と聞かれたら、

返信

 「日本の核心は神道で、その神道には経典がない、経典がないことが核心中の核心です。」 と答えればいい。


 「じゃぁ 教えを伝えるのはどうしてるの?」 と聞かれれば、体を動かして実践し、行為によって伝えている、と答えればいい。

----


 キリスト教圏(イスラム教圏) の外国人が日本に来て伸び伸びできるのは、神どおしの言葉でケンカしたりすることがないから。

 神道には経典がないから外国人が日本に来て宗教面で何か言われることは一切ない。 だから外国人は不思議な伸び伸び感を感じる。


● 外国人 : 「なんだろう、このフワッとした不思議な伸び伸び感は... 」

----


 イスラムと対峙する中でキリスト教が人々(キリスト教圏の) を束縛する力が強くなった。 その状況でキリスト教圏の人が日本に来ると束縛から解放されたような気分になる。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

夢枕に神道の神さまが立って、お告げを申された。

返信

 なんて言う人がいたら それは眉唾ものだ。 神道は経典がない宗教で、神の言葉はないから。

 神道は行為で伝承していく宗教で、神道の経典とは「道」である。

(本居宣長 『古事記伝』 あたりが参考になる)


 「神道には経典がない」 という原点からいろいろな行為が派生している。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

外国人の目線で日本を再発見するという動画はもう飽きた。

返信

 それだったらもう直接 御神楽の動画を見てその雰囲気を感じればいい。


● 巫女さんのお神楽動画。

https://www.youtube.com/watch?v=hUInYX4-a8A

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

日本の宗教 田中英道

返信

http://amzn.to/1pvWVIf

-----


 bitly でアマゾンのURLを短縮すると、http://amzn.to/   amzn になる。 今日 気付いた。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/10767

返信

 神様が物忘れしたときのセリフ、 「な ん じ ゃ っ た か の ぉ ~ 」

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

日本の神様は忘れ物や物忘れをする

返信

 日本の神様は、ときどき忘れ物や物忘れをする。
これはかなり大事なこと。
 キリスト教の神は全知全能で忘れ物や物忘れはしない。


 ときどき忘れ物をするものだから、それをフォローするように忘れ物を届けにくる執事のような小さい神様がそばにいつもいる。 で、そのペアでもって完全な一つの神であると。

 主神が忘れ物をすると、少し時間をおいて副神が忘れ物を見つけて持ってくる。 だから日本の神様は時間の幅をもっている。

 日本人が神様にまつわる話を聞いていて、神様が忘れ物をしたと聞いても全然 違和感がない。 普通にストンとくる。


 キリスト教の神はそうじゃない。 全知全能で、今この瞬間でもすべてを知っている。 神に問いかけて、神が答えないのは、答えない理由があるからで、忘れたからじゃない。



 そして、その場所に神様が居るかどうかは、その神様の使いが忘れ物を届けにくるかどうかで分かる。 そうゆう神世界の理解。 それが日本人の神様感覚。



 まぁ、トトロなんだけど。 トトロにおいては、あの木々をビューーと成長させる目に見えない生命力みたいなのが主神で、トトロはその主神の副神。 子供たちは成長力(元気)そのものだから主神の生命力と一体になる。 一体となったとき、子供がはぐれでどこかに取り残されると その子供は主神の忘れ物となるから そこで副神であるトトロが動き出し、忘れ物を見つけて主神の元に届けにくる。

 実は、トトロにはキャラクターの形を取っていない透明で森を覆い尽くすほど大きいもう一つのキャラクター(主神)が存在する。 そして、もののけ姫ではそれが形あるキャラクター ダイダラボッチとして描かれる。



 「忘れ物が届く国、日本」。 結構 この辺にも日本人の神様感覚が働いているのではないか。

 人が忘れ物をするのは、その人に神っぽい何かがフッと憑いたからで、その忘れ物を届ける行為は その人に憑いた神の使者に自分がなるということ。 忘れ物を届けることは、忘れ物をした人に あなたには神っぽい何かが憑いていますよ、と気付かせることでもある。 そんでもって 忘れ物をした人は、救われた気分になると。 (神様はいてるんや)

 もちろん、こうゆうふうに意識してやっている人はいない。 いないけど、無意識のところで何かそうゆうカラクリが働いているのではないか。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ローマ法王が元慰安婦と対面へ 8月の訪韓時に

返信

 ローマ法王が韓国を訪れると 韓国の人はこう考える。

"ローマ法王は韓国の味方で、神の裁きは 過去に韓国人を虐待した日帝の子孫である日本に下る" と。



● (韓国側) 韓国人ほぼ全員が、過去に日本人は韓国人に対して虐待の限りをつくした、と信じている。 (それが真実であると思い込んでいる。 独立記念館への修学旅行などで)

● (日本側) 信憑性の高い資料および証言において そんな事実はない。


 さて、ここへ神がやってきたなら 神の目はどこに真実を認めるのか?  神の御印しはどこに表れるのか?


 国全体が間違った史実を本当だと思っていて それを正す勢力はどこにもない。 この状況において神なるものは その国民にどう作用するのか?  あるいは、どう気付かせるのか or 何を悟らせるのか?

 国全体が間違っていて それを正す勢力がどこにもいないのなら、その一国において神は孤立している。


 神の目が真実を見い出していても その神は孤立している。 がゆえに神は真実を保留せざるを得ない。


 天上にいる神 なのか 隣人のように隣にいる神なのか。 (上位概念としての神 なのか となりからやってくる神なのか) とちらからの神なら人は神の言うことを聞くのか?


 すごく面白い。



* となりからやってくる自然の神 = となりのトトロ (日本の場合)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.