x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

x3ru9x

野菜工場

ローム、植物工場で低農薬イチゴ生産開始−12月に出荷:日刊工業新聞

返信
 イチゴは細かい栽培管理が必要で年1回の収穫が一般的。ロームは半導体製造に使うクリーンルームの一部約330平方メートルに密閉型の植物工場を整備。育成環境を厳格に制御し、生産の効率化につなげる。最大収穫量は年14・8トンを見込む。需要動向を見ながら15年には設備拡張も検討する。
 すでに実証栽培を開始。農薬の使用回数を従来の10分の1以下に減らし、通年での収穫が可能とみている。収穫したイチゴを大手小売り企業などに出荷するほか、生産資機材の外販も行う。

日刊工業新聞


 クリーンルームの中の栽培設備も販売する。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

カゴメ 世界でトマト分散栽培 市況、気候のリスク回避 (2007年のニュ ース)

返信
 カゴメが2007年5月に買収したポルトガルのトマトペーストの製造会社の経営者は、かつてトマトの栽培試験に共同で取り組んだ仲間。カゴメは友好的な買収で、トマトの栽培から原料の加工までポルトガルで一貫して行えるようになった。

asahi.com:カゴメ 世界でトマト分散栽培 市況、気候のリスク回避 - 経済を読む

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

アイメック栽培ハウス

返信

 

 (アイメック栽培ハウス + トマト糖度チェックロボ)


● ポルトガル リスボン近郊。 ヨットハーバー近く。  試験的にアイメック栽培ハウスを一棟設置。


 ここからヨーロッパのトマトが変わる。


● グーグルマップ場所、 ポルトガル リスボン この場所に設置したということで - http://bit.ly/1rbK0XE



 ロボはウェブ上にあったモデル。 まま これは仮のロボ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/10604

返信

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

富士通、小林クリエイトと販売提携−食・農クラウドに生育管理システム - 朝日新聞デジタル

返信
 富士通は22日、植物工場で野菜を生産・販売している小林クリエイト(愛知県刈谷市)と販売提携したと発表した。食・農クラウド「秋彩」のメニューとして、小林クリエイトが提供する植物工場・施設園芸向け生産管理システム「エイジス生育管理システム」を追加し、8月から販売する。価格は個別見積もり。

 携帯型情報端末を活用し、栽培現場における作業履歴の収集とデータ管理を支援する。多品種少量生産や、栽培植物をロットごとに管理する植物工場・施設園芸での生育管理向けに拡販する。

 作業者は携帯型情報端末を管理単位のロットに挿してある無線識別(RFID)や二次元コード付きタグにかざし、個体を識別しながら端末上で作業実績を入力する。端末入力した情報はオフィスのパソコンに蓄積され、管理ロット単位での作業進捗(しんちょく)や生育状態を視覚的に確認でき、作業の遅れや対応状況などのロットごとの集計や分析、生産管理を効率化できる。また実績データを農業生産者間で共有することで、栽培技術の習得や作業品質の向上にも役立つ。

富士通、小林クリエイトと販売提携−食・農クラウドに生育管理システム


 あと、ロジスティクスとの連携と。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ロジスティクス と 憲法第9条

返信

 第9条で日本からは絶対に戦争はしない、と定めているからこそ 海外に日本のロジスティクスを持ちこめている。 日本が戦争できる国になってしまうと、海外に敷いたロジスティクスが武器弾薬も運べるルートとなってしまう。 日本以外の国はそれを恐れている。


 それだから、憲法改正をやるとしても 第9条はそのままにしておかないといけない。 変えようとすれば、物流関係、商社が猛反対するし、これからのエコな技術の発展が妨げられてしまう。


 知恵を絞るべきは、どうやって相手国の中にロジスティクスを築くか だ。(単独ではムリ、だいたい合弁)

 アメリカなら肥満対策が進む、あるいは、中国ならゴミの回収も少しやってもらえる、といったような相手国の問題に目をつけて入っていくやり方が考えられる。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

1982年 インターネットの始まり と POSシステム

返信

【アメリカ】

● 1982年、インターネット・プロトコル・スイート (TCP/IP) が標準化され、TCP/IPを採用したネットワーク群を世界規模で相互接続するインターネットという概念が提唱された。


【セブンイレブン ジャパン】

● 1982年(昭和57年)10月 - POS(販売時点情報管理)システム開始。EOB(電子発注台帳)による発注開始

  1984年(昭和59年)2月 - 2,000店舗到達。

  1985年(昭和60年)8月 - 双方向レジ導入開始。

-----


 インターネットプロトコルが標準化され インターネットの概念が提唱された1982年、日本ではレジが通信していた。


 そして今、この戦略的情報物流(ロジスティクス) に野菜工場、アイメック農法が組み込まれようとしている。

野菜工場、アイメック農法は農業であるけれども、ロジスティクスの中で発展していく。

 もう少しすれば、EVトラック 燃料電池トラックも加わる。 小さいEVなら店舗から先の配達に使われている(セブンイレブン)。


 野菜工場、燃料電池トラック、はロジスティクスがあればこその話。 順序としてはロジスティクスが先。

 だからこそ、日本以外の国にまずロジスティクスを築かないといけない。 ロジスティクスを築いてしまえば そこから先、ものすごくやりやすくなる。

 (配送車はほぼ決まったコースを回るから水素ステーションも置きやすい)


 しかしそれは簡単じゃない。 どこの国も日本を警戒して入れようとしない。


 ロジスティクスを先行させるやり方は大日本帝国の時代からやっていて、今も全然変わっていない。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/10597

返信

 日本国内のコンビニの数を考えてみれば、多品種少量品目を配送する日本の物流システムの複雑さ(すごさ)がわかる。

 POSレジの集計データと統計とを突き合わせてコンビニ店長の仕入れを支援するシステム、だとか、新しいコンビニができたなら最短ルートを随時変更する配送管理、だとか。

 日本はそのへんにアドバンテージがあるから、それを世界にも広げようとしている。

野菜工場は今の物流システムと相性がいい。 (多品種少量の物流システムの中に組み込まれてなんぼ)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/10596

返信

 ポルトガル、スペインにはコンビニがほとんどない。 (スーパー自体が少ない)

ということは、多品種少量の商品を配送する物流システムが遅れているということ。


 そうゆう物流システムがないと、野菜工場でレタスを作っても鮮度を保ったまま届けることができない。 野菜工場の大きさは物流システムの規模で変わってくる。


 日本に世界一の野菜工場が出来るのは、日本国内のスーパーの物流 コンビニの物流がおそろしく発達しているため。



-- 参考 :

● ‘外国資本と中国商店が国内経済を破壊するスペイン危機の可能性について考えてみました’ (ギガジン、チャリダーマン) -

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

衝撃のデータ…なぜ野菜を食べない家は年収が低いのか 勝間和代 (1/5ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

返信
 低収入世帯ほど野菜不足であるということが厚労省の国民健康・栄養調査で明らかになりました。一口に野菜といっても根菜か葉もの野菜かで摂取できる栄養素が異なるので、重量だけでは判断できません。いずれにしろ、生鮮食品を食べている層のほうが、健康に対する意識が高いのは確かです。

 カロリーの単価として考えると炭水化物が一番安価で、一方最も高価なのが野菜です。しかしカロリー単価だけではなく、大切なのは栄養単価で見ること。たとえば100グラムのホウレンソウが150円とすると、150円で手に入るホウレンソウの栄養価と150円のおにぎり一つで手に入る栄養価だと、100グラムのホウレンソウが圧倒的に優れています。

 こういった知識を、頭で理解しているかどうかが重要なのです。

衝撃のデータ…なぜ野菜を食べない家は年収が低いのか 勝間和代 (1/5ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)


 年収 と 野菜 とを関係付けたくないけどね。 野菜や花の前では誰もが平等だ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ポルトガルから侵入してオランダの野菜工場を攻め落とす

返信

 ブラジルから農産物を輸入すると言いつつ、こちらからはアイメック農法と野菜工場を送り込む。

いやほんと そうゆう戦略があるのかも..。 ブラジルも肥満問題を抱えているし。

 ブラジルの言語は ブラジルポルトガル語で、ポルトガルとつながりがある。 ポルトガルと言えば、三菱ふそうがポルトガルの物流に入ってEVトラックを試している。


 このへんのことを考えると、日本はヨーロッパの西の端ポルトガルから新農法と次世代物流でヨーロッパに攻め入ろうとしているのかもしれないぞ。 ヨーロッバの西の端から攻めて、オランダのあの巨大な野菜工場を打ち倒す、という壮大なプラン。 そうゆうプランがあっても全然おかしくない。

 野菜工場には収穫のためのロボット、次世代物流には荷積みロボット、こうゆう近未来的でエコな技術をひっさげてじわじわとヨーロッパに侵攻していく と。

 その足がかりになる国がポルトガルで、ポルトガルに対して日本は、韓国や台湾に入って行ったのと同じやり方をしようとしている(のかも)。 つまり大日本帝国のやり方。 (まっ先に相手国の中に物流網を築いてしまう)

 まずは ポルトガルの攻略だ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/10580

返信

 しかし、野菜工場も新規に建物を建てるとなると苦しくなる。 まずは 今ある建物の再利用から。


 トマトとレタスと言えばハンバーガーだ。 ハンバーガーと言えばアメリカ。


 サラダの中に一夜漬けの野菜が入っていてもうまいから、日本の漬物をミックスした新メニューというのも考えられる。


 アメリカで一夜漬けの料理講習会を開いている 料理研究家のおばちゃん(日本人)がいたなぁ。


 ということで、野菜の食べ方の一例がついた野菜工場が輸出される と。 付加価値が付いていてサービスいいですねー。 このおまけで面白くなる。 商売のための一工夫。



 いいのありまっせ。 よくこの浅漬けの元を開発していたものだ。 ここにきてフィーチャリング。


 野菜工場は勝つ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

大成建・スタンレー電気、LED光源のユニット開発−“見せる”植物栽培:日 刊工業新聞

返信
 大成建設はスタンレー電気と共同で、ショーケースのように設置できる小型の発光ダイオード(LED)面光源パネルを使った完全閉鎖型植物栽培ユニットを開発した。
 植物の屋内人工栽培は外部環境の影響を受けず、農薬も使わないため安全面で消費者ニーズがある。また、安定調達が可能で植物工場を持つ外食チェーンも出始め、新製品として「店で“見せる”植物栽培ユニット」(山中宏夫大成建エンジニアリング本部食品施設グループシニア・エンジニア)を開発した。
 両社が植物工場向けに製品化している栽培ユニットのLED面光源パネルは大きさ600ミリメートル角だったが、スタンレーが新たに半分の600ミリ×300ミリメートルで製作し、大成建のエンジ本部が設計して完全閉鎖型ユニットにまとめた。工場向けユニットは栽培面積を確保するため600ミリメートル角の面光源パネル3枚を並べ、開架型ラック7段積みが標準仕様。

大成建・スタンレー電気、LED光源のユニット開発−“見せる”植物栽培:日刊工業新聞


 スタンレー電気と大成建設も野菜工場をやっている。


>> 安定調達が可能で植物工場を持つ外食チェーンも出始め.. <<


 マクドナルドも野菜工場を取り入れて、野菜多めの新メニューを出してくるかも..

マクドナルドも今のままじゃダメ。 レタスが一枚しか入ってない。


 宮城の野菜工場は、GE と(株)みらい。

投稿者 x3ru9x | 返信 (1)

パナ、シンガポールで野菜工場/売上高100億円目指す 四国新聞社

返信
 パナソニックが、シンガポールで「野菜工場」の試験操業を始めたことが17日分かった。電子部品を基板に取り付ける工場の一角を利用し、光を当てる量や温度を先端技術で管理。ゴボウなど新鮮な根菜類を地元の給食や弁当業者に提供する。

 パナソニックは農業関連事業に力を入れており、アジアでも市場を開拓する。野菜販売が軌道に乗れば、生産をシステム化して装置を工場で製造し、東南アジアの企業などに売り込み、売上高100億円規模を目指す。

 シンガポールは国土が狭く、野菜の多くをマレーシアなどから輸入しており、現地生産する新鮮な野菜には大きな需要が見込めると判断した。

パナ、シンガポールで野菜工場/売上高100億円目指す | 全国ニュース | 四国新聞社


 野菜工場、マグロの養殖、が本格的になってきた。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

富士通、福島の半導体工場を植物工場に レタス生産

返信

2013/7/5 19:41

 富士通は5日、福島県会津若松市の半導体工場を植物工場に転換すると発表した。生産をやめたクリーンルームを転用し、10月からカリウム含有量が少ない高付加価値のレタスを生産する。2014年1月から1日3500株を出荷する計画。同社が提供する農業向けのクラウドサービスを活用して生産性を高める。将来は遊休工場を持つ他社へのシステム販売も検討する。


 復興庁と経済産業省の実証事業として始める。富士通セミコンダクター会津若松工場の10年3月から使っていない1棟を活用する。マイコンなどを生産していたクリーンルーム施設に水耕栽培用の棚や蛍光灯などを導入。腎臓病患者など生野菜の摂取制限を受けている人でも食べられるカリウム含有率の低いリーフレタスを生産する。


 生産したレタスは1株400円程度と露地栽培と比べ3~4倍になる見込みで、病院や百貨店向けに販売する計画。当初の栽培面積は2000平方メートルで、低カリウム野菜を栽培する植物工場としては日本最大級という。順調に進めば約3倍に広げる。


 同社が提供する農業クラウドを活用し、栽培データを収集・分析して、肥料の量などを最適化するほか、流通企業の需要に応じた生産調整なども実施する。

------


 野菜工場がゆっくりと拡大している。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

パナソニック、「野菜」に挑む

返信

 パナソニックが植物工場向け菜園装置の実証実験を始める。家や街中に設置し、自社の関連製品を総合的に売り込む狙い。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20120529/232671/


・ 関連

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1205/28/news105.html

-----

投稿者 x3ru9x | 返信 (1)

農業革命“スマートアグリ” - NHK クローズアップ現代

返信
「野菜、取って。」

千葉県柏市に暮らすある夫婦のささやかな楽しみ。
小さな箱の中の、みずみずしい野菜です。
最新のIT技術で常に栽培に最適な環境を実現する、「スマートアグリ」です。
このスマートアグリを桁違いのスケールで行っているのが、世界第2位の農業輸出国オランダ。
巨大な農業用ハウスでは、二酸化炭素の濃度や地中の温度など500項目以上が自動で管理されています。

農業経営者
「まさしく農業の革命です。
IT技術で栽培の環境を制御するのです。」

TPP交渉への参加に向けて、政府の産業競争力会議もオランダに注目。
スマートアグリに乗り出すIT企業が現れるなど、日本でも動きが加速しています。

IT企業代表
「新しい農業をつくっていかなければいけない。」

農業の革命、スマートアグリ。
その最前線に迫ります。

農業革命“スマートアグリ” - NHK クローズアップ現代


 日本の場合、野菜工場、パーソナル野菜工場 を商品にして売る。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.