http://x3ru9x.sa.yona.la/10112 | x3ru9x | sa.yona.la help | tags | register | sign in

http://x3ru9x.sa.yona.la/10112

reply

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1804Q_Y4A410C1000000/


 この角度以前なら まだ床を這いあがっていけた。 これ以上傾くと床と天井が絶壁となり這い上がれなくなる。 (閉じ込められる)


 この時点で、

 「 これ以上船が傾くと床を這い上がれなくなります、ただちに外に出て 船体の横にしがみつくが海に入ってください。 海は冷たいですが1時間なら大丈夫。 すぐに助けがきます !! 」


 そうゆう機転のきいたアナウンスであったなら状況は変わっていた。

 パニクって頭の中が真っ白になった乗務員の 「とりあえず動かないで」 という指示をそのまま聞いてしまって乗客は全く脱出しようとしなかった。


 "船の傾き度合とアナウンスの内容" それが生死を分けた。

(これだけ船が傾いて危機的状況であるのに悠長に動画を撮っていたという)


 「このままじっとしていて どうなるというの、船はもっと傾いて自分たちは下に落ちるでしょ、おいおいおい、アナウンスは何を言ってんだ !! 」

 そう思った人たちは助かった。


 救命ジャケットを着る時間も十分あった。 救命ジャケットを着た時点で助かったも同然だった。 あとは海に飛び込めばいいわけだから。

 もうそこまで助かっていて、あとちょっとだった。 あとちょっとのところで 頭の中が真っ白な乗務員が180度反対のアナウンスをしてしまった。 そうして乗客は閉じ込められ動けなくなった。(救命ジャケットを着けたまま..)

posted by x3ru9x | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.