2017年ノーベル生理学医学賞は、概日リズムを制御する分子の ... | x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

2017年ノーベル生理学医学賞は、概日リズムを制御する分子の発見に授与 ▶ BioQuick news

返信
Dr. Hall、Dr. Rosbash、Dr. Youngの3人は、生体時計の内部を調べ、その仕組みを解明した。3人のこの発見により、植物、動物、人間が生体リズムを地球の自転と同期させる仕組みが説明づけられた。3人は、モデル生物としてミバエを用い、日常的な生体リズムを制御する遺伝子の分離に成功したのである。
その研究で発見された遺伝子のエンコードするタンパク質は夜には細胞内に蓄積され、昼には分解されるようになっていた。3人はさらにこの機構の一部分になっているタンパク質も突き止め、細胞内で自律運転する時計を調整するメカニズムを解明したのである。

2017年ノーベル生理学医学賞は、概日リズムを制御する分子の発見に授与

投稿者 x3ru9x | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.