ピアノ曲 (西村由紀江) | x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

ピアノ曲 (西村由紀江)

返信



" ひたすら電車に乗っていた。鹿児島についたのは前日の深夜。
駅前で野宿していた。ウイスキー。デッキでの光景を見ながら、
たぶん十歳も違わない彼女や彼らに、そして鹿児島の夏の光にぼくは激しく嫉妬していた。
 でもま、他人に嫉妬してるってことはおれもまだまだ生きる気力があるんだなあ、なんて思った。"

「思い出は捨てない限り消えやしねーさぁー...
捨てるんじゃないよ.. 力になるときもあっから..」

「ありがとう... おばあちゃん」

(ネットで見つけた短文mix)
(あくまでmixで特定の言質を揶揄するものではないです はい)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.