葛根湯の主成分は | x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

葛根湯の主成分は

返信

 基本方剤である桂枝湯(桂枝・芍薬・生姜・大棗・甘草)に葛根・麻黄を加えたもの。表寒証用の方剤。


 桂枝湯は弱い発汗薬で、これに強い発汗薬である麻黄を加えより発汗作用を強化した。また、葛根には鎮痛作用がありとくに首筋の凝りをとる作用があるとされる。


 芍薬は漢方薬の代表的な鎮痛剤の一つ。生姜・大棗は方剤全体の副作用を緩和する目的でペアで多数の方剤に使われる。甘草には元来喉の痛みをやわらげる作用があるが配合されている量が少ないことからあまり効果が期待されておらず、副作用を緩和する目的で加えられたと考えられる。

---


 基本的には発汗薬。 それと鎮痛。

寒くなってきたせいか このところ風邪が流行っている。 風邪の第一陣が来ましたよ。

頭ガンガン、お腹グルグル、鼻声フゥガフゥガ、きてるんじゃないですかー?

 自分の場合、風邪をひくと カネボウの葛根湯と大正漢方胃腸薬顆粒。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.