米ニューヨーク市、都市農園で貧困層の肥満対策 | x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

米ニューヨーク市、都市農園で貧困層の肥満対策

返信

【6月22日 AFP】米ニューヨーク(New York)・ブルックリン(Brooklyn)区で最大の公営住宅団地の一画に19日、広大な農園がオープンした。貧困層の間で進む肥満のまん延に歯止めをかけるのが狙いだ。


 保健福祉分野を担当するリンダ・ギブス(Linda Gibbs)副市長は声明で、レッド・フック公営住宅(Red Hook Houses)内の約4000平方メートルの区画に作られた「レッド・フック都市農園(Red Hook Urban Farm)」は、「住民たちに新鮮な農産物を提供し、若者たちに教育と雇用への道を提供する」と述べた。


 農園では野菜の栽培のために地元の10代の若者を採用する予定。収穫した作物の一部は貧困家庭に配布する。その他は販売し、売り上げは農園の運営に必要な資金に充てる。農園は、教育と訓練の場としても活用されるという。


 同市では成人市民の半分以上が太り過ぎ(34%)または肥満(22%)とされており、この農園以外にもいくつかの肥満対策に乗り出している。(c)AFP

----


 野外だと雨の日は作業できないから 将来 野菜工場も取り入れられる。

大阪西成では野菜工場でバジルを作っている。


 まずは土の作業から。 そこから始めて 先端技術を応用した野菜工場まで ずーとスケールアップしていく。(いずれそうなる)

 そこを日本は虎視眈々と狙っている。 

投稿者 x3ru9x | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2019 HeartRails Inc. All Rights Reserved.