京大、iPS細胞でドーパミン神経細胞を大量培養−パーキンソン ... | x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

京大、iPS細胞でドーパミン神経細胞を大量培養−パーキンソン病の臨床応用 へ:日刊工業新聞

返信
 京都大学iPS細胞研究所の土井大輔研究員、高橋淳教授らの研究グループは、パーキンソン病の臨床研究に向けて、ヒトiPS細胞から作るドーパミン神経細胞の大量培養法を開発した。高橋教授は「2014年に有効性、安全性を検証し、順調に行けば15年に実施計画を厚生労働省に提出して審査を受け、早ければ16年の臨床応用につなげたい」と話す。今夏にも計画されるiPS細胞を使った網膜色素上皮の移植に続く臨床応用が期待される。

京大、iPS細胞でドーパミン神経細胞を大量培養−パーキンソン病の臨床応用へ:日刊工業新聞



 マイケル・J・フォックスの体の揺れが止まれば奇跡だろうな。 それ見たいなー。

マイケル・J・フォックス や モハメド・アリ のパーキンソン病が治っていく過程を見てみたい。


 ホーキング博士の筋萎縮症はパーキンソン病じゃない。 ALSで 脊髄の方。 この治療法じゃ治療できない。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2019 HeartRails Inc. All Rights Reserved.