x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

x3ru9x

科学

【日本の研究.com】多くのヒトは地磁気に対する感受性を潜在意識下で未だ に有している

返信

https://research-er.jp/articles/view/78186

 ほーー

>>

 ミツバチ、鮭、渡り鳥など、地磁気をナビゲーションに用いる動物は多数存在しますが、ヒトの磁気感受性はどうなっているのか明らかではありませんでした。そこで本研究グループは、電磁波シールド暗室内に地磁気強度で方向変化する磁界を生じさせる実験装置を作製し、ヒトを磁気刺激しながら頭表 64 箇所で脳波を計測しました。


 その結果、方向選択的にアルファ波の事象関連脱同期が観察されました。ここで、アルファ波の事象関連脱同期とは、外部刺激(たとえば、視覚・聴覚刺激)が入ってきたときに、脳波のアルファ波成分(8-13Hz)の強度が低下する現象であり、外部刺激に応答した証拠のひとつとなります。

<<

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

球電とは

返信

>> 大気電気学的に発生する 「球電現象」。

 球電は気流の起伏に乗って空中を漂い、煙突や開いている窓から室内に入ってくるため、非常に危険な現象である。 球電は電線に沿って動き、障害物に接触し爆発することもある。 時には空中で停滞したり、時には音もなく消えてしまう。 <<


 遠くから見ると 気持ち悪い。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

次世代スパコンは なぜ神戸なのか

返信

>> 同部会では、神戸市を次世代スーパーコンピュータ施設の建設地として決定した理由として、施設の整備費・運用費のコスト評価に加えて、SPring- 8、および発生・再生科学総合研究センター、分子イメージング研究拠点などの科学研究設備の整備・運営などを通して、これまで理研と兵庫県や神戸市、地元周辺の学術機関や産業界との間に築かれた密接な協力関係や実績を挙げた。 <<


 で、今年9月、


>> ‘100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開’

  細胞の働きや、化学反応の仕組みを原子レベルで観察できる夢の光「X線自由電子レーザー」(XFEL)の施設が兵庫県上郡町にほぼ完成し、17日、報道機関に公開された。世界有数の性能を誇る大型放射光施設「スプリング8」より、10億倍強い光が出せる。基礎科学だけでなく、新薬や電池の開発などに役立つという。

 電子を128台並ぶ加速器でほぼ光の速度まで加速。さらに磁石でジグザグに揺らし、XFELの光を生み出す。0.1ナノメートル(ナノは10億分の1)の世界で、100兆分の1秒に起きる現象を見分けられる。 <<


 つまりは、スパコンを 「X線自由電子レーザー」(XFEL) と一緒に使って、実証とシュミレーションの両方で研究したり、XFELで得られた大量データを処理したりするため。


 かしこいですねー。 実証データがなければ いくらスパコンの性能がよくてシュミレーション計算に長けていたとしても 実物の原理は霧の中。 中国がスパコンで優位に立ったとしても基礎物理を支えるこうゆう装置(XFEL) がなけば処理能力は生きてこない。(科学技術じゃなくて銀行のシステムなんかに使うのかもしれないけど)


 リチュウムイオンの振る舞いもこれで研究が進む。

 "2012年に リチウムイオン二次電池業界全体がブレイクする"

 せひ、そーなってほしいですねー。

 中国の消費が本格化してくのと同調するかのように研究開発が進めば いろんな分野でアドバンテージが取れる。

  

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2019 HeartRails Inc. All Rights Reserved.