x3ru9x | sa.yona.la help | tags | register | sign in

x3ru9x

vb6

VBScript(WSH)ファイルをVB(6)などから起動するには

reply

xxx.vbs を引数に設定して起動する。 起動させるexe は、WScript.exe

--- vb6 ---

Dim Ret As Long

Dim hikisu As String


hikisu = Chr$(34) & "xxx.vbs" & Chr$(34)

Ret = Shell("WScript.exe " & hikisu, vbNormalFocus)

---


・ "WScript.exe " ← exeのあとに半角スペースが入っています。

・ hikisu のChr$(34) は なくても大丈夫。 (一応 念のため)

・ WScript.exe には64bit 用と32bit 用がある。 win7 64bit はデフォルトで64bit 版。

  32bit 用が必要なときは、

  C:\Windows\SysWow64\wscript.exe

  (C:\Windows\SysWow64\cscript.exe  DOS窓の方)

・ 一般的なランチャーでは、xxx.vbs のフルパスで起動する。

・ ちなみに、CorelPP のマクロはVBA。 グラフィックソフトのマクロがVBAというのは面白いよ。

  Excelマクロと 同じ要領で画像をいじれる。

  (CorelPPには処理手順レコード機能があってVBAコードが書き出される)



(さて、flash の材料作り やろーかねー..)

posted by x3ru9x | reply (0)

Ctr押しながら + 左クリック をシュミレートする exe (vb6)

reply

 簡単なプログラムです。(速い。操作手順記録アプリに比べて)

マウ筋なんかのマウスジェスチャーで使うことを想定。 Firefoxのリンクの上で走らせると別タブ表示となります。


● ダウンロード(zip 4k) -


追記 :

 シュミレートするのが速すぎてときどきエラーが起こっていた。 解消するためにウェイト命令を入れた。 ファイルは差し替えています。 (2010_11_02_火 最新)

(vb6ランタイム必要)

posted by x3ru9x | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.