高い清浄化速度と優れた油分分離性を有する油水分離膜の開発に成 ... | x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

高い清浄化速度と優れた油分分離性を有する油水分離膜の開発に成功

返信

神戸大学先端膜工学研究センターの松山秀人教授、吉岡朋久教授らの研究グループは、親水性シリカ超薄層を高分子多孔膜の表面に形成した油水分離膜の開発に成功しました。


油分で汚染された廃水の清浄化は、世界的に不足が叫ばれている水資源確保の面から非常に重要です。しかし廃水中の油滴のサイズが小さい場合は処理が難しく、有効な手法が見出されていませんでした。


本研究で開発した膜を用いると、高速の水透過と高い油分の阻止が達成できます。またこの膜は、油分の付着による性能劣化が起こりにくく、様々な種類の油分で汚れた廃水の清浄化に広範囲に適用できます。


この研究成果は、2019年10月3日に、国際学術雑誌「Journal of Materials Chemistry A」にオンライン掲載されました。



--- ■ ポイント

親水性シリカの超薄層を多孔膜上に形成することで、油分で汚染された水を清浄化できる高性能分離膜の開発に成功。

超薄シリカ層は多孔膜の細孔を閉塞していないため、油分汚染水の清浄化速度が極めて速く、大量の汚染水処理が可能。

開発した膜は、ナノメートル※3オーダーの微細な油滴を99.9%以上カットし、また膜表面への油分の付着が起こりにくい性質を有する。

https://research-er.jp/articles/view/83263

投稿者 x3ru9x | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2019 HeartRails Inc. All Rights Reserved.