‘時代なんてループに過ぎない’  というタイトルに反応して | x3ru9x | sa.yona.la help | tags | register | sign in

‘時代なんてループに過ぎない’  というタイトルに反応して

reply

http://wontfix.blogspot.com/2010/05/blog-post.html


(このエントリーは向こうの記事内容とは関係ないです。 時代 と ループ という言葉に反応。)



 ループはループでも軌道上を進むループもあれば、トポロジカルで起伏に富んだループもある。

その中で動的に変化もする。


 時代は ループになっている必要がある。 ループを軽く見ちゃーいかん。 


 起伏に富んだループの中にいるときは ループであることがわからない。 目の前のものについて知見や知識を得てると思っている。 ところが、実は自分のいるところがループになっていて そのループを抜け出す鍵になるものについても知らない。

 ここにおいて、あなたが知っているというその知識は、何についての知識なんですか、 という問いかけが重みを持ってくる。


 2周目に入ったとき、その問いかけと共に ループとループを抜け出す鍵について知る。 で、鍵を見つけた瞬間、ループから飛び出す(あるいはループに弾き飛ばされる) 、と。


 ループは物語を作るための一つの装置でもある。 また、このことと 構造化ということを考え合わせても面白くなる。


 ループ と 構造化ということを 考え合わせて想像をめぐらすと、想像空間が深化する。


 何について知っていて 何について知らないか、 問いかけ、 ループ、 ループの中の動的変化、 構造の形成、

構造の中を巡るループ、 ループの中の構造(自己組織化)、 構造化された容器、 容器とラベルの関係、 消えたり表れたりするラベル(または暗示)、 容器を介してのラベルと内容物との入れ替え、 情報が物に 物が情報に、 そこにおいて鍵となるものは何か... 。


 このテーマは 大きいんで 一旦保留。


(文章のポイントが少しスライドしたような...)

 

posted by x3ru9x | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.