x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

x3ru9x

アンブレンディング

彩度を上げた普通写真の加工

返信

Unblending + Corel Photopaint16 (拡大)


(拡大)

 これも ウェブサービスの「アンブレンディング」を使って画像をレイア分解してから再合成加工した。

https://unblending.ongaaccel.jp/

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

普通写真の加工

返信

Unblending + Corel Photopaint16 (拡大)


元写真 (拡大)

 ウェブサービスの「アンブレンディング」を使って画像をレイア分解してから再合成加工した。

https://unblending.ongaaccel.jp/

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Unblending 感想

返信

 分解したあと、合成をかなり工夫しないと見れる絵にならないな...

● イクスクルージョン 50%グレー、レイア値 100 で2枚に分解するのはお勧め。色だけを取りだせる。


(拡大)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Unblending すごいのにツイッターであまり話題になっていない

返信

● ツイッタータグ #unblending

https://twitter.com/search?q=%23unblending&src=typd&lang=ja

 分解しただけじゃ成果物にならない。 → 簡単にアップできるものがない → ツイートが増えない

 連携して使える再合成ツールも必要でしょ。(再合成した画像のところにツイートボタン)


 AIで目や口、髪の毛を認識してベタ塗りしてしまうツールがあったような。あれで塗ったあとUnblendingで色分解すればパーツに分解できる。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Unblending 感想 2

返信

・ 3DCGソフトの中でテクスチャを作るとき乗算とか減算、スクリーンを使っている。

・ レンダリングでは光と影が追加されるわけだから これを分解すると、光、影、そして元のテクスチャのレイヤー重ね、となる。

・ レンダリングしたあとの画像を、何色かをキーにして Unblendingで分解すると、その色だけがレンダリングされたものとして出てくる。(アルファ付きで)


 赤が球体のような形としてレンダリングされた、と見てみる。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Unblending 感想 1

返信

 レイヤー2層に分解するのだったら逆のレイヤー効果を使って手元のペイントツールでも出来る。(乗算の逆は減算) Unblendingがすごいのは3層4層を透過付きで一度に分解してしまえるところ。 まるで連立方程式を解いているみたいだ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

アニメ背景画を「Unblending」でいろいろに色分解して、その分解し たそれぞれの画像に近い画像を作って再合成すれば背景画は作れる、か?

返信

 こりゃ、研究課題ができた。 現在の研究課題、ノードベースとアンブレンディング。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Decomposing Images into Layers Webサービス 「Unblending」

返信

(説明ページ)

https://koyama.xyz/project/color_unblending/

 ほーー、 いや、すごい。 使えそう。

 夕日のシーンで、夕日が当たって黄色になっているところをスクリーン重ねのパーツとして分解して、それを再合成のときにぼかせばブルームになる。 ネオンの発光なんか簡単にできる。

 任意の色で色分解できるわけだ。 ワーーオ !!


● Webツールページ

https://unblending.ongaaccel.jp/


------

● 追記 1 前の画像でやってみた。 背景のブルーで逆乗算分解という感じ。(レイア値50)


(拡大)

・ 乗算レイアの値を フル(99)にすると背景のブルーの補色、黄色を抽出できる。


(拡大)


● 追記 2  上記の分解でできた4枚の画像を再合成して色変えした。 赤銅色の肌にした。


(拡大)

・ 画像は 720×720pixまで。画像を大きくしたいときは、AIノイズ除去&拡大サービス 「waifu2x」

http://waifu2x.udp.jp/index.ja.html

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2019 HeartRails Inc. All Rights Reserved.