x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

x3ru9x

画像処理

雷門とスカイツリーの位置関係

返信

 写真のあったページ - (写真多数)

このあたりから見える大きさが ちょうどいい。


追記 :

- w


追記2 :

"東京" だけを作ってみた。 難しい。  

あと、"スカイツリー" があれば、"東京スカイツリー" のロゴができる。 ("東京すかいつりー" でも可)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

窓ガラスに映る像の合成(練習)

返信

(クリックでフリップ)

・ 360度モデル写真-

 フリー素材写真に鏡に写ってるのが全然ない。

360度写真を使って鏡面像を作った。

窓ガラス透過液晶、サイバーミラー の画像を作るため。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

女の子ドライブの世界

返信


 このへんの世界、絵になるんじゃないか。

おっさん連中の頭の中にはない世界。 絵にしてもらって初めて気づく そのきらびやかさ。

この世界は おっさんの心をくすぐる。 おっさん連中は 誘われているような気になって絵の中に吸い込まれていく。

 いけまっせ。 構造化とか そんな難しそうなこと言ってても食いついてきやせん。


● 音元 (別窓)


 車は全部EV。 インパネは近未来的に、ダッシュボードは高性能スマホ脱着式。 車の前、後ろ、横には宝石をちりばめたようなLEDの細かいライト。 車内はパネルライトで ものすごくいい感じの明るい照明。(駐車時)

 排気ガスとか うるさいエンジン音なんてものは出ない。

 おっさんの古い車感覚を簡単に振り切って走り抜けていく。

投稿者 x3ru9x | 返信 (1)

スポーツ新聞の紙の質感

返信

● ‘ダルビッシュ“自滅”’ - (ZAKZAK)

● 紙の質感なしの画像 -

 印刷による色変わりとか新聞紙のザラつきあたりをそれっぽく。

モニター上の写真はツルッペチョ、スポーツ新聞上の写真はザラッサラッ。


 これで スポーツ新聞風加工と週刊紙風加工の2つがそろった。

スポーツ新聞と週刊誌の2つは雑草のように生き延びる。 それゆえこれらを押えておけばウェブ上でも雑草のように生き延びていける。 この2つのテイストで猥雑な記事のサイトを作ったなら、このサイト死んでるなぁー ってことには全然なってこない、どこまでも生き延びる。

 週刊誌とスポーツ新聞は世の中の裏と表を俗な表現で写し取っている。 週刊珍潮 と Xスリルスポ。(x3ru→Xスリル) です。


(※見出しフォントはヒラギノの一番太いゴシック)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

週刊誌の紙の質感

返信

 週刊誌の紙面のような加工。 ネガティブな内容のときはチープに。 それも表現の手だろう。

● はてなは「絶対すべきでないこと」をやらかしたのか? - (ヤムダス)



 上は参考にした画像。

電子書籍になると この紙のザラザラ感がなくなってしまう。 ザラ紙の感触あってこその週刊誌。

 ザラ紙記事の世界って確実にある。 喫茶店で手にとって読むときの あの感触、あのムード。 結構この世界は広い。


 週刊誌の記事の世界をウェブ上に再現するのは難しい。 画像はそれなりに作れても週刊誌の周囲のムードは簡単には再現できない。


 安っぽいザラ紙。 猥雑な記事。 コーヒー豆の匂い。 宵闇のネオン。 車の騒音。 パチンコ屋の音。

おばちゃんの匂い。 たばこの煙。 女の子の後ろ姿。 春めきつつも冷えた夜の空気。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

黄金の園

返信

 ゴールドエレファントは黄金の国を さし示しているのであった。


 リッチやぁーー、 ゴールドに目がくらみまーす。


 いい入り口を見つけたぞと。


 ゴールドで酔わせる、この手です。


 金は背景で意味あいが変わる。 引き立ったり、地味になったりする。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

クレイモデルのゴールド化

返信

・ 元画像 -


 カードゲームなんかだとプレミアムカードが一つの目的。 そのカードというのはほとんどがゴールド。

ウェブ上においては、ゴールド化処理は他の処理とはちょっと違う。

 なんの変哲もないCG画像にでもプレミアム感を持たせられる。 大体そうゆうのに引っかかっているわけです。

元々は制作途中をキャブチャーしただけのあとで捨てるようなグレー画像。

(グリーのEXILEカードなんかに引っかからないようにしよう..)



投稿者 x3ru9x | 返信 (1)

レンダリングでは出ない影ニュアンス

返信

 背景画の影はこんなに紫強くないけど、まぁ一応 強めにニュアンスづけ。

描いたようなテイストを付けるのは全然やってない。 今回は影の色作り。

 CGツール内での影ニュアンスの調節は かなり手間がかかる。 そこがCGツールの弱いところ。

ポストワークであれこれやる方が速い。


● 影に色のないバージョン -

● 3Dモデル -


 イメージ的にはこのへん ↓

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/2253

返信


- モデル

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

CG画像の加工

返信

(クリックでフリップ)

 レンダリング後の画像を加工。(元画像は自分がレンダリングしたものじゃないです)

この前のHDR写真からの加工は使い物にならない、あれは没。


● 元画像(artistSide) -

---


追記 : 色をビビッドにしたものと差し替えた。 (1/27変更) 

 壁は以前の方がいいかもしれない。 机のところだけビビッドにする、もある。

 またこれはアイコン画像作りにも生かせる。


● クールグレイ ↓

http://x3ru9x.sa.yona.la/2520

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

HDR写真のアニメ背景画風加工

返信

(Corel PP 15)

 パッと見た見た瞬間それっぽく見える。 ということにしておこう。 ちょっとザラザラ。


● キャラを入れてみた -

  (キャラ)

● 元画像(HDR) -

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

3Dモデルからアニメ背景画風の絵

返信

・ 画像大 -


 結構 苦労した。

しかし これができると可能性が開ける。 はたして これからどこまで迫れるか... (まだまだ改良の余地あり)

 ペンタブなどでの描き加え、修正はしていない。 それをやることで絵がよくなるならそれも取り入れる。


● 有料背景画素材集の絵との比較 ↓  (pixiv内の彩 雅介さんの絵)

 ・ 画像大 -


● 3Dモデル -

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

水彩調加工

返信

(画像大 - )

 3Dモデルからの水彩画づくり。

最初から加工ありきでc4dは独自材料づくりのために使った。(skup → c4d)


● 3Dモデル -

● 普通にレンダリングした画像 -

---


追記 : キャラも水彩化して合成。 (キャラ元画像)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: テクスチャー画像に画像処理

八尾街並みカレンダー風加工

返信


 3DモデルのテクスチャーをUVWアンラップしてテクスチャー画像1枚にしたのち画像処理、そのテクスチャーをまたモデルに張り付けてレンダリング、それをまたcorlPPで加工。 

 イメージとしては下の画像の家のようなイメージ。 まずまず人物とマッチしていると思う。

 やり方はめんどくさいけど、やり方として可能性はある。


● 家だけ画像 -

● 3Dモデル(google3Dギャラリー) -

● 八尾街並みカレンダー(pixiv) -

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

さらに絵画調に

返信

 以前の処理のままではまだまだ中途半端で使い物にならなかった。 そこをもう少し進めて、色味のある絵画調に。

以前よりアフリカっぽくなった。

● 以前のもの -

● 元CG画像(vue) -

投稿者 x3ru9x | 返信 (1)

淡彩調

返信

 一度処理したものをさらにを淡彩化。

・ 元画像 -

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

以前の処理のつづき

返信

 水彩調加工が少し前進。 以前の

元画像は景観作成ソフトVueの画像


 背景画としてなんとか使えるか.. んーー。  ストリーボード用のラフ画のようにも見える。

---


追記 : キャラを入れてみた。 キャラ - (pixiv)

 (無断使用ゴメン、時期をみてレスポンスとしてpixiv内にアップする予定としておきます)


 いいところまできたような。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

3Dモデルからモノクロ絵

返信

 CGからモノクロ絵 って少ない。 そういえば 水墨画をCGで作る とか中国でやってたな。

一つ前のHDRのと合成できないか..

 モノクロ絵で描きスタイルを出すと結構 個性化する。


 レンダリングは一般的にしておいて2D処理で特徴づける という方向やね..

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

CGのモノクロ化

返信

● 元画像(artist Side) -


 髪の毛と目か...


 こっちは黒が印象的なんで黒い絵。

前の "ホワイトシティーsayonala" は白い絵。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ゴールド 1

返信

 一般的なCGのレンダリグは金属質。 人肌にしても色こそ肌色だが質感は硬い。

それなら いっそこれをゴールドにしてみる。 結果は、やはりゴールド感がギラッと出た。

 テクスチャーの段階で人肌テクスチャーを金っぽくして、それでレンダリングすれば ゴールドのモデルができる。(普通はそうする。 どちらがゴールドっぽくなるかというところ。 テクスチャーの段階かレンダリング後か)


 逆に言えば、Poser のレンダリングは金かブロンズから色が抜けた味気ない軟金属ともいえる。

(だから感覚的にグッと来ない。 こんなのがいいのかなぁーで止まってしまう)


 晩秋から冬、年末にかけては ゴールド感ある絵が季節に合う絵だったりするので、ゴールド化は有効な処理だろう。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.