x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

x3ru9x

AI

ペインツチェイナー研究 (その13) : その12を踏まえて、マンガのコマに着色してみる

返信

● まず 顔が黒くなるようにする。 (画像にシャープネスをかけて線をくっきりさせると顔が黒くなるようになった)


(拡大)


● 黒くなったところを修正するかのように薄い肌色を着色する。(下)

  いい感じになった。


(拡大)


● 薄い肌色の代わりに白に近いペールグレーで着色した。(下)

  これもいい感じ。


(拡大)


● 照明セット背景なしでもやってみた。 以外といい。 しかし どこかを着色するとどこかに変な色が出るという現象が起こった。

 (この画像もアップロードした直後は顔が真っ黒になる)


(拡大)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ペインツチェイナー研究 (その12) : 前のエントリーの顔が真っ黒になったやつ

返信

(拡大)

● おでこと鼻の頭を白で着色してみると いい感じの階調になった。(下)

  顔が真っ黒になることはエラーではないんだな。 こっちの方が結果がよくなるかも。


(拡大)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ペインツチェイナー研究 (その11) : 背景のライトにあたる部分に黄色の着色をした

返信

(拡大)

● その他の着色

・ 両端ライトの水平線より下にブルー系、上に黄色系

・ 人物のあごの下の影に着色すると顔全体の影にその色がつく。

・ 人物の眉毛の上あたりに白点を置くと顔全体が明るくなる

・ 絵の両下にグリーン系

・ 絵の下部、人物の服のところはグラデ的に白にもっていった方がいい


● 人物に着色するというより、ライトによって色着けると考えた方がいい。

● 背景は自動的にブルーになる。


● 着色しないで処理 (アップロードした直後)


(拡大)

● 上の2枚の画像を合成してもいい。 この肌色を生かす。

● この状態で眉毛の上あたりに白点をちょんと打つだけで顔にメリハリがつく。


● 元画像

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ペインツチェイナー研究 (その10) : 同じ顔明度で背景あるなしの違い

返信

(拡大)

(背景がないとき顔の明度が濃く見えるのは比較効果で、顔は同じもの)

 顔の位置も大事。 背景の水平線より下のエリアに顔を置いた。

 こんな不確かなツールを本当にマンガ着色に使うのかなぁ..


・ 背景違いのもの


(拡大)

 スポットライトのような背景にすると なんとなく室内の顔になる。 顔の大きさと位置は絵の上下真ん中より下であること。

● 輪郭線のない面ばかりの絵はうまくいかない。 線は必須。


● 背景画像は過去記事にあります。

タグ : #ペインツチェイナー http://bit.ly/2ET0Vwb

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

白泉社ら、深層学習技術を活用した自動着色のカラー版マンガ作品を配信

返信

https://japan.cnet.com/article/35114383/


 ペインツチェイナーを使った着色らしい。 ペインツチェイナーのあとにボストワーク必要でしょ..

 モノクロ漫画のカラー化の作業が進行していくかもしれない..


 画像にちょっとノイズを加えた方がいい処理されたりするからなぁ、あれは..


 線で分けられた面には明度差があった方がいい結果になる。 流し込みツールで薄いグレーを流し込んで明度差を付ければいいと思う。 ちょっとした明度の違いでもペインツチェイナーは反応する。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

NTTの音声合成ソフト、深層学習で自然な声を実現 ナレーションや書籍の読 み上げに期待

返信

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1712/06/news056.html

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/14863

返信

 落合氏の言う 「デジタルネイチャー」 は 「都市型ユビキタス」 のことで、ネイチャーとまでは言えない。

 日本人は、本当のネイチャーとデジタルとは きっちり分けて整理する。 変な混ぜ合わせはしないから。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ルネサスの組み込みAIの性能は10倍×10倍×10倍で1000倍へ「推論 に加え学習も」

返信

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1801/31/news042.html


 日本のAIは電子制御の分野がメイン。 東芝がLSIを開発したころと同じような状況になっている。

 東芝のLSIで先行した電子制御分野のアドバンテージが今も続いている。


 前は東芝、今度はルネサス。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

インテリアCG画像の加工

返信

(拡大)

 ペインツトランスファーとコーレルを使っての加工。 もろもろ合成すると水彩調になった。

・ ペインツトランスファーは基本的にちょっと変な水彩調で出力される。

● 元画像


● ペインツトランスファー2

http://paintstransfer.com/

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ペインツチェイナー研究 (その9) : Skup線画、線の周囲と面にノイズを加えてチェイナーに掛けてみた

返信

(拡大)

 ノイズを加えた方が むしろ面の階調がおさまる。

・ 加工前画像の絵の上部にうっすらとした明るいぼかし線を入れてある。 それがあるので空が青くなる。

・ ペインツチェイナーは面の明度に敏感に反応する。 グラデ階調とノイズにも反応する。

・ 建物の上から下にうっすらとグラデを掛けてある。 そのグラデに反応する。


● 加工前画像

● Skup 元画像 (Sketchup Style Builder を使っての線)

● 背景

※ Sketchup Style Builder は無料版にはついていない、Por版についている。


● ペインツチェイナー

https://paintschainer.preferred.tech/index_ja.html

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ペインツトランスファー研究 (その2) : デフォルトの参照画像に近い絵で試してみた

返信

(拡大)

 ちゃんと服の色が白に変わってる。 すごい。 参照画像と加工前画像の絵柄が近いとうまくいく。 (設定 : スタイル転送)


● 設定を変えて試したもの (設定 : カラーレンダリング)

 いい感じの色調になった。 カラーレンダリングは色調の再配置だわ。


● 設定を変えて試したもの (設定 : 線画着色)

 加工前画像が線画じゃないのでこれは効果が出ていない。


● ペインツトランスファー2

http://paintstransfer.com/

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ペインツトランスファー研究 (その1) : Skup線画でちょろっとやってみた

返信

● 加工前画像に諧調なし


(拡大)


● 加工前画像に諧調あり


(拡大)


 水彩調だなー。 教示用データはたぶんキャラクター絵。 建物に関してはまだ階調の再配置ぐらいの処理しかされない。


● ペインツトランスファー2

http://paintstransfer.com/

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

PaintsTransfer2

返信

http://paintstransfer.com/


 おお、いろいろできそうだぞこれは。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ペインツチェイナー研究 (その8) : 背景に水平線と4辺にライトのような四角形を入れて処理

返信

(拡大)

 その7をヒントにしていろいろ試してみた。

 ペインツチェイナーは水平線に反応する。

・ 左右と上の四角形がライトのような働きをして、対象の陰影が少し変わる。

・ 左右の四角形はなくてもかまわない。上下だけでも機能する。

・ 髪の毛の面にグラデをかけるといい感じになる。

・ ペインツチェイナーは面の明度に敏感に反応する。


● 元画像

● 背景

● 処理前画像


● 元画像、デビアント

https://www.deviantart.com/art/Color-me-portrait-of-a-girl-76533341

● ペインツチェイナー

https://paintschainer.preferred.tech/index_ja.html

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

NEC、数十億円投じて全結合型量子アニーリングマシン開発へ

返信

>> NECは2018年1月23日、組み合わせ最適化問題を高速に解ける新方式の量子アニーリングマシンについて、シミュレーションなどで基本動作を実証したと発表した(プレスリリース)。今後研究員を増員し、2018年内に半導体による基本素子(量子ビット)を作成。2023年までに数十億円を投じて2000~3000量子ビット規模のマシンを実用化する考えだ。人工知能(AI)を使った社会課題の解決に生かすという。


 NECは今回、ノイズ耐性に優れ、量子状態を長く保つことができる新量子ビットと、量子ビット間の全ての相互作用を大規模に実装できる全結合方式のネットワークを組み合わせた基本回路について、理論解析とシミュレーションで動作を実証した。


 量子状態を長く保てる量子ビットの回路方式と、量子ビットを大規模に結合させるアーキテクチャーを両立させ、大規模な問題に対応できるメドがたったという。全結合方式を実現したネットワーク構成の詳細は明らかにしていない。 <<


 5年後..

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

育児中の主婦がAI学習作業請負 スピードリンクが「ママさんプロ」(日刊工 業新聞)

返信

(拡大)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ペインツチェイナー研究 (その7) : 背景にライトの光のような背景画像を入れると諧調がよくなる

返信

(拡大)


 上のような感じになる。(色指定なし) (顔だけの画像も試した、上のようないい階調にならなかった)

・ 背景画像に人物を置くときは、人物の頭の上に間を空けること。

・ 髪の毛のところの黒ベタを処理前画像と同じ明度まで上げること。

・ 顔面は少しグレーが入っている方がいい。 顔面と髪の毛面に明度の差があった方がいい感じになる。


● 元画像

● 背景

● ペインツチェイナー処理前画像


● 最終加工 (コーレルでもろもろ合成)


● ペインツチェイナー

https://paintschainer.preferred.tech/index_ja.html

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

将棋AIのHEROZ 金融・建設にも

返信

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25915980Z10C18A1X11000/


 ヒーローズとプリファードネットワークスが今 話題になっているAIベンチャー...

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Googleが「Cloud AutoML」発表、専門家不要でAIをカスタマイズ

返信

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/011702971/


 画像処理フィルタを作れるところまではまだ行ってなかった。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

わき上がる将棋熱 AIに学べ プロも必死

返信

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO25748850W8A110C1EA1000/


 一般人が将棋について勘違いしてはいけないことは、プロ棋士たちは面白くてしょうがないことをしているということ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2019 HeartRails Inc. All Rights Reserved.