x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

x3ru9x

技術

風車の芯棒の高さは 65m から 80m

返信

 洋上の風車のメンテナンスはつらい作業。 

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

天童木工、針葉樹で新たなモノづくり 家具供給能力4倍

返信
【山形】天童木工(山形県天童市、加藤昌宏社長、023・653・3121)は、軟質針葉樹を使った家具の製品供給を拡大するため、生産能力を大幅に強化する。針葉樹の弱点をカバーする「圧密加工」を行うロールプレス機を新規に3台導入。初号機を含め計4台となり、強度を持たせた針葉樹の板の生産能力を通常のシフトで約4倍に引き上げた。針葉樹を用いた製品化に向けた今回の総投資額は約2億5000万円。一部に国の補助金を活用した。

日刊工業新聞 電子版


 針葉樹も家具の材料になる。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

パナソニック、歩行者認識の精度向上‐「深層学習」計算を効率化

返信
 パナソニックは人工知能(AI)の重要技術であるディープラーニング(深層学習)を使った歩行者認識技術を開発した。傘をさした人や大勢の人も認識できるよう認識精度を向上。加えて深層学習の課題だった計算量を数分の1から10分の1程度に削減し、小型、省エネが必須な自動運転車への搭載に近づいた。技術を磨き上げ、2018年度に車載機器としての実用化を目指す。

日刊工業新聞 電子版

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

マイクロナノバブルで水産物の鮮度維持 兵庫で漁工連携実証

返信
【神戸】兵庫と広島の中小企業2社と漁業組合や研究機関が共同で、マイクロナノバブル技術で水産物の鮮度維持を図る漁工連携プロジェクトが兵庫県内で始まった。松葉ガニやホタルイカの漁獲量が全国トップ級の浜坂漁港(兵庫県新温泉町)で、独自装置を使い水ガニ(若い松葉ガニ)の鮮度維持を実証する実験を3月まで行う。2月中旬時点で一定効果が出ており、春にはホタルイカでも実証を行う。6月めどに装置の実用化を目指す。

日刊工業新聞 キャプチャ画像

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

三菱UFJ銀、独自の仮想通貨を開発中 コスト減へ期待

返信

http://www.asahi.com/articles/ASJ1W4RWKJ1WULFA012.html


 のニュースや、マイナス金利のニュースが出ていた。 これはつまり、銀行に力がついてきて、少々のストレスにも耐えれて、新しい技術などにもチャレンジできるようになったということなんだろう。 

 メディアの上では日本の物作りが話題になっているけれど、実は金融の技術もかなり進化している(のかな)。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

パワステの構造

返信

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

経産省、IoT推進へ官民でAI専用「非ノイマン型」コンピューター開発 (日刊工業)

返信

(拡大)

 国も動いてきた。

(日刊工業のアカウントを取ってログインしないと全文を読めない記事。キャプチャ画像)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

AI創作物に著作権は?−知財本部で検討、来年度の推進計画に反映

返信
 論点はAIが人間と同レベルの品質で創作した場合、その創作物を制度上どう扱うか。さらにAIが生み出す大量の創作物を、人間の能力を前提とした現行制度に適用するのが妥当かなど。現在は人がAIを道具として使って制作した創作物には、その操作をした者に著作権を認めている。しかし、人間よりはるかに生産効率の高いAIが実現すると、大量の創作物をAI操作者が独占でき、人間の創作者を圧迫する可能性がある。

日刊工業新聞 電子版


 未来を予見しているのか?

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

最先端の技術(ナノテク) が集結する世界最大の展示会を取材しました。 (FNN)

返信

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00314734.html

 クリントン政権の終わり頃(2000年) にアメリカでナノテクノロジーイニシアティブが発起された。 それから16年が経って今に至っている。 (ナノテク自体は日本のバブルの前からあった)


 16年前に、ナノテクは大きな産業になるという予見があった。 (絵空事のような話だった)

2016年現在、その手の予見があるのかどうか、あるならそれは何なのか。


 なかなか思い浮かばないけど、iPS細胞などの再生医療分野が一つ、あと、IoT、AI、機械学習、インテリジェント産業ロボットなど。 植物工場、養殖 なんかもいい。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

1989年という特異点(1989年)ーよくわかる 自動車歴史館 第37話ー

返信

>>

 -- 日産 GT-R --

 高出力を支えたのは、ハイテクで武装した足まわりである。駆動方式はATTESA(アテーサ)E-TSと名付けられた電子制御トルクスプリット4WDを採用し、前後輪のトルクを0:100から50:50まで自動的に無段階で変化させた。また、HICASと呼ばれる四輪操舵(そうだ)機構も採用している。高速時には安定性を高めるために後輪を同位相方向に操舵し、コーナリング時には逆位相に操舵して回頭性を高める。車速や舵角をセンシングして電子制御し、最適な操舵を実現する機構だ。ハイパワーと電子制御の組み合わせで高性能を実現するという最先端の技術が、世界に先駆けて試みられていたのである。

https://gazoo.com/car/history/Pages/car_history_037.aspx

<<

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

マウスをクリックするだけで植物生産が可能に! - 異業種参入の敷居を下げることを目指すパナソニックの植物工場事業 | マイナビニュース

返信
パナソニックは5月22日、同社が取り組みを進めているアグリビジネスの現況ならびに、次世代植物工場事業に関する説明会を行った。

イナビニュース

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

総合化学メーカー、自動車向け新素材の開発加速−高機能樹脂に資源投入し収益 源に育成:日刊工業新聞

返信
 総合化学大手各社が自動車の生産効率化につながる新素材の開発を加速している。住友化学はカビの発生を抑えるエラストマー(弾性樹脂)を開発した。三菱ケミカルホールディングス(HD)の溶けた樹脂の合流線が製品表面に発生しにくい高機能ポリプロピレン(PP)は、ダイハツ工業に採用された。中国メーカーの供給過剰で基礎化学品の採算悪化が長期化する中、各社は高い技術が求められる自動車部品向け高機能樹脂を、主力の収益源に育て活路とする戦略だ。

日刊工業新聞


 素材の強度が増すことでデザインの幅が広がり、そこからデザインが変わっていく。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

LED電球スピーカー (ソニー)

返信

 話しかければ答える、であるなら 電球がロボットだ。 ロボットアームの先にこのLED電球をつけるだけで対話型ロボット。 (AIがあれば)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ペーパービーコン (Gニュース経由)

返信

● ‘帝人など、信号を面で認識できる新型ビーコン製品「PaperBeacon」を発表’ -


 IoT関連の特許か..

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

竹を高機能素材に活用−鹿児島・薩摩川内市、バイオマス燃料やCNF材料に応 用へ:日刊工業新聞

返信
 鹿児島県薩摩川内市は、市内に存在する竹を高機能素材として有効活用するため、産学官連携組織「薩摩川内市 竹バイオマス産業都市協議会」を6月にも設立する。バイオマス燃料などに加え、セルロースナノファイバー(CNF)や電子材料などに応用。放置竹林の防止だけでなく、地域経済の活性化と雇用創出につなげたい考え。協議会には中越パルプ工業など市内に拠点を持つ企業や九州内の大学が参加する見通しで、経済産業省とも連携する。

日刊工業新聞


 竹からセルロースナノファイバー(CNF)。

 いろいろ 進展している。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

リコー、圧力発電の新材料「発電ゴム」を開発 〜高い発電性能と柔軟性を実現

返信
 発電ゴムは新規材料を利用したもので、セラミックスと同等の発電性能を備えるほか、高い柔軟性を確保しているため、容易に加工ができ生産性も高い。リコーでは、その耐久性を測るために数百万回の繰り返し負荷試験を実施したが、性能の劣化は起こらなかったと言う。

 現在、東京理科大学(山本貴博准教授)との共同研究にて、発電ゴムの分子レベルでの発電機構の解析を行なっており、材料のさらなる可能性の追求とその応用展開を目指すと言う。

PC Watch


>> 発電ゴムの分子レベルでの発電機構の解析を行なっており <<


 解析を支えるのがナノテクノロジーの技術。 分子レベルで機構を解明し、分子レベルで特許を取っておく。 ナノテクノロジーがあればこそできる芸当。



 今後、ナノテクノロジーの技術を持っていない国は特許戦略で負けてしまう。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ナノテクノロジーで開発された新素材は原子・分子配列が特許になる。

返信

 遺伝子関連の特許も分子レベル。 つまり、ナノテクノロジーは特許戦略でもある。 究極の特許。

 これが 戦略的ナノテクノロジー 。 特許を侵害しているかどうかは、大型放射光装置や高性能な電子顕微鏡を持っている国だけがチェックできる。

 アメリカ、日本、ドイツ、くらい。 スイスも大型放射光装置を持とうとしている。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

東大など、無線給電式インホイールモーターを開発−断線リスク回避:日刊工業 新聞

返信
 インホイールモーターは、車輪のホイール部分に内蔵された電気モーター。車軸やギアなどが不要で駆動機構の重量を3—4割減らせるが、断線リスクが実用化の壁になっていた。
 磁界を使って離れたモーターに給電する技術を開発した。車体とモーターに取り付けた二つのコイルアンテナが10センチメートル離れた状態で、96%の効率で送受電可能。ブレーキ時の回生エネルギーの充電も可能だ。

日刊工業新聞


 インホイールモーターに無線給電か..

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

日立、データにID付け送受信を効率化する新通信方式を開発−ネット負荷は半 減以下に:日刊工業新聞

返信
 従来は、機器が移動するたびにIDに記録する経路情報を全通信サーバー間で共有していた。今回、複数のIDをグループ単位でまとめて管理し、経路情報が変更されたら特定の通信サーバーだけが更新作業を行う簡易な方式を考案。全通信サーバー間に経路情報を送る必要がなくなり、ネットワークの負荷を半減以下に圧縮できた。
 IoTの普及によって、センサーやカメラ、家電や車載装置などネットワークに接続された機器の数が、2020年ごろには全世界で500億個以上に達する見通し。1時間当たりに換算すると、約1000兆個のデータが発生するとみられる。
 日立は情報通信研究機構が運用する試験ネットワーク上で、全国規模で移動する機器6000台を模擬するソフトウエアを使って実際にデータの送受信が行えることを実証した。

日刊工業新聞


 IoT : インターネット オブ シングス


 オッサン オブ ジョイトイ OoJ

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

三井化学の金属代替素材、レクサスRCFが採用−軽量化で国内自動車メーカー が注目:日刊工業新聞

返信
 三井化学の金属代替素材が国内自動車メーカーに相次ぎ採用されている。トヨタ自動車は高級スポーツクーペ「レクサスRCF」のボンネット内側パネルに炭素繊維強化成形材料を採用。ダイハツ工業は軽オープンスポーツ「コペン」のルーフにガラス繊維強化成形材料を用いた。鋼板を使う部材を樹脂化すれば軽量化でガソリンの使用を抑え、燃費性能が向上。三井化学は樹脂開発から金型試作までの一体提案で軽量化の需要増を取り込む。

日刊工業新聞


● レクサス - 炭素繊維強化成形材料

● コペン - ガラス繊維強化成型材料


 炭素繊維は値段が高い、レクサスだから使われているのだろう。 徐々に車に複合材が使われてきた。

 セルロースナノファイバーは、まだ木材原料の調達ルートが定まっていない。 そのへんのところが定まらないと量産化を軌道に乗せることはできない。 だから安倍首相は間伐作業の視察に行った。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2019 HeartRails Inc. All Rights Reserved.