x3ru9x | sa.yona.la help | tags | register | sign in

x3ru9x

雑感

まんじゅう = 一応 腹におさめるもの

reply

 「いろいろあるでしょうけど、まぁまぁ、腹におさめてくだされ。」


 「わかりました、一応、腹におさめておきましょう。」


   バクッ


● 出されたまんじゅうを断ってはいけない。 特に名前のついたまんじゅうは腹におさめないといけない。 それがまんじゅうのしきたり。 (なのか?、そうゆうことにしておこう)

posted by x3ru9x | reply (0)

紅白のまんじゅう、ってあれは何だろう...

reply

 男女間の平和 を意味するのかな..


・ まんじゅうが配られたことで、その前に話し合いがあって まとまった、ということが分かる。 (ということかな?)

posted by x3ru9x | reply (0)

安保議論のあと

reply

 安保議論が終わったなら、「安保まんじゅう」 なるものを作って パクッと食ってしまおう。


   Aさん : 「安保まんじゅう、うまいなー、 あー 終わった終わった.. 」


   Bさん : 「安保を腹に入れたでごわす。」


 まんじゅうを食う = 平和。  それが日本。 日本人の感覚にストンとくるリアルな日本。


● まんじゅうを配る文化を大切にしよう。


  .... 確かにユニークだ。

posted by x3ru9x | reply (0)

物語の半分は現状維持の記述

reply

 粛々と事が運ばれている様を淡々と記述する。  どうゆうふうに現状が維持されているのか、そこんとこ。

posted by x3ru9x | reply (0)

接客対話データベース、言い方を変えれば、「ママさんの引き出し」

reply

 ママさんの引き出しから どんな面白い返しを引き出せるか、それはこちら側の話の振り方次第 (アクセスルート、アクセスプロセス)。 これも "データベースとその周辺"。


 ドワンゴ 川上氏によれば、「コンテンツとは分かりそうで分からないもの」。

 ママさんがどんなデータベースをもっているのか、分かりそうで分からない。 一旦はそうしておいて その後、アクセスルートandプロセスを掛けていくことで いろいろ展開が起こり、その全体像が表出してくる。 = コンテンツ。


 一つの振りに対してママさんの返しのデータベースは実は1つ。 そして データベースの中のデータは3つ (最低3つないとデータベースではないから)。 そうゆう構造になっていて そうゆうデータベースがいくつもある。 素人のお客はそうゆう構造に気付かないから返しが20も30も塊としてあるように見える。



 また、

 "データベースとその周辺" を考え方のコアにもっていれば 既存のコンテンツを分解できる。


 コンテンツを作っていく創造のお話と、コンテンツを分解してしまう解体のお話の2つがある。


 一つにまとめ上げれば作品として楽しめる。 分解すれば素材として有用になる。

posted by x3ru9x | reply (0)

自然言語や人工知能を考え合わせることによってのデータベースの再発見、とい うことか。

reply

 データが3つ集まれば、それはデータベース。

 それと、データベース周辺のアクセスするルート (ルートプロセス)、コアはデータベース、その周辺にアクセスルート。 この2つの絡み具合。 そのへんの面白さ。


 情報が3つあったとして、その内の1つにどうアクセスするのか?

 アクセスのルート or アクセスプロセスによってデータベースが動的に組変わり 全体の姿がころっと様変わりする。 とか

posted by x3ru9x | reply (0)

アプリのコードから自然言語化が始まって、ウェブのコードも変わっていくのか も。

reply

 その可能性はある。 html から自然言語に近いコードへ。 and それ対応のブラウザへと。 まぁ まだまだ先の話ではある。


 HyperCard から始まった大きな物語が、また LiveCode から始まろうとしている。 そうとらえても面白い。 自然言語、人工知能の時代。


 そうゆうところに立つと、「今からFlash の勉強て.. 」 ということになる。

posted by x3ru9x | reply (0)

三橋貴明氏の言うように 政府 埋蔵金を景気対策のために使っていたなら、ギリシャ デフォルトへの備えもできなかった。

reply

 デフォルトのあと、先が読めない。  先が読めない状況の中、アクシデントが起こり、計画がとん挫してしまう、それが一番 困る。 そこから前に進まない。 → 計画実行能力が疑われて支持率が下がる。


 MERS対策にしても すぐに動かせるお金を準備しておかないといけない。 


 ほんとに 何が起こるかわからない。

posted by x3ru9x | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/12488

reply

 日本人が民俗(民族) に好奇心と興味を持っていることで、純日本人が存続し続ける。


 料理に興味もこだわりもなくなって、何でもいいや と思うところから肥満が始まる、の逆。 興味とこだわりを持っている間は肥満にならない。 それと同じ。


 100年後、200年後には純日本人はいなくなる、という言質に根拠はない。 純日本人は存続し続ける ということの方に根拠がある。


 ハーフやクオーターが増えるより早く、純日本人は洗練されていく。 洗練されていくスピードの方が速い。 ハーフやクオーターはむしろ没個性的になり、純日本人の方が個性的になる。


 ハーフやクオーターは、自分にまつわる民族性が曖昧に増えているため 民俗(民族)への興味が薄くなる。 好奇心と興味をなくすところから没個性が始まる。 肥満になっていくのと同じ。



● ミス・ユニバース日本代表 宮本エリアナ

 「100~200年経つと『純日本人』って本当に少なくなると思うんですよ。今のうちに少しずつ変えていかないといけないのかなって思います。」


 少なくならないよ、純日本人はむしろ増える。 というか、地方色が以前より出てきて それぞれ個性的になる。 そうゆう感じの純日本人ということ。

posted by x3ru9x | reply (0)

日本の病院のエアコン って特殊なフィルターのついたエアコンなんかなぁ.. ちょと知りたい。

reply

 サムスンソウル病院のエアコン って喫茶店のエアコンと同じなんだろうな。


 中国は大気汚染があるから エアコンはいいエアコンで、それで飛沫感染を防げた。 とかいうオチになったりして。

posted by x3ru9x | reply (0)

病院のすべての部屋にパナソニックかシャープの空気清浄器を置いた方がいいか もしれないな、いやもうこの際 置くべき

reply

 インフルエンザウイルスまで除去するヘパフィルター、ってそこまで必要かな と思ったけど 必要になったやん。 プラズマイオンクラスター も必要やん。 (プラズマイオンは部屋の中が一定の濃度にならないと効果がない、濃度に達していれば効果がある)


 メーカーさん :  「こうゆうこともあろうかと、徹底した空気清浄器を作っておきました。」


  ありがとう。 救われる。


 MERS 感染の原因は、室内での くしゃみ 咳 による飛沫の拡散。 飛沫拡散感染。



● ニュース : 「サムソンソウル病院」のスタッフ142人にMERS症状

posted by x3ru9x | reply (0)

神道とは掃除の哲学の社(やしろ) でもある

reply

● お祓いをする -- 掃(は)き掃除をする

● 清める、みそぎをする -- 拭(ふ)き掃除、水洗いをする


 大昔に今のMERS のような伝染病や食中毒が起こっていて、その防衛策として神道のしきたりや所作が出来た。


 そう考えても成り立つ。


 つまり、神 とは 清潔である ということ。

 (伝染病や食中毒ウイルス、もろもろの悪性腐敗に対して清潔)


 「清潔である」 を踏まえた上で その次にアンチウイルスと言うことができる。 単純な対立構図、「ウイルスに対してアンチウイルス」 ということではない。 その間に 「清潔 (神)」 が入る。 従って、神はアンチウイルスではない(防衛のために攻撃するものではない)。 神はウイルスとアンチウイルスの間に 「清潔」 として存在する。 そのへんも日本人 独特の発想。


 で、なぜこのようになったのか? → 梅雨があったから。

梅雨の間、環境を清潔に保てば(掃除をすれば) そのあとには晴れた日(夏)がくる、を体験として理解していたから。 たぶんそうゆうことだろう。


 日本人の習性として、「梅雨どきに掃除をしたくなる」 がある。

posted by x3ru9x | reply (0)

「どのウイルスなんだぁ ? 」 今はそうゆう状態。

reply

 PC ガジェット類、 MERS、 食中毒ウイルス(ノロ)。 3つある。


 防衛策は、常日頃からの掃除。 ここから、「掃除の哲学」 が狼煙(のろし) のように立ち上がる。


 「この時代の掃除の哲学」 が大きい意味を持ってアンチウイルスとなる。


 「掃除の哲学」 が、ポリシー、習慣、ブレない軸、にもなる。



 デマも信じてしまうと 一種のウイルスになる。 ここから言えることは、日ごろの掃除の習慣&意識の弱い人はデマにひっかかりやすい、ということ。


 中国のゴミを見よ、中国社会のデマを見よ...


 立てるべきは、「掃除の哲学」。 掃除の哲学の社(やしろ) を建てよ、だ。

それがこの時代の自分の防衛、国家の防衛。

posted by x3ru9x | reply (0)

スーパーフラット (村上隆氏 提唱)

reply

 自分なりのスーパーフラット、方向性はそれだろう。 

posted by x3ru9x | reply (0)

最近、政府が特許に関して矢継ぎ早に手を打っている。

reply

 その背後にあるのが戦略的ナノテクノロジー。


 まだニュースに出ていない有望な種がたくさんあるということ。


 官僚はそうゆう情報を 天下り官僚(企業役員)ネットワークを使って収集している。 逆に 企業側からも天下り官僚を使って政府に働きかけている。 (いわゆる 「国とのパイプ」 )

posted by x3ru9x | reply (0)

インターネット上のパトロンシステム

reply

 デビアントアート内にはパトロンシステムを使っている人がいる。 ミャンマー、モンゴルの人を千円で支援すれば向こうの人には1万円。 5百円で5千円。 台湾の人なら 千円は2千円。


 それだから 日本人はアジアの人たちに支援してもらえない。 向こうの人が1万円支援しても こっちでは千円だから。


 それと、台湾からの震災支援の 300億円。 あれは台湾の人たちにとっては 600億円。


 日本以外のアジアの人が日本人を支援することは ものすごく苦しいこと。

posted by x3ru9x | reply (0)

欧米側から見ると、日本は民族色の濃い民族国家に見えているんだろうな。

reply

 まぁ、科学技術を持ったマサイ族みたいなもの。 一人のシャーマンの元に集まったマサイ族がスパコンを開発したり、ロケットを飛ばしたりしているイメージ。

posted by x3ru9x | reply (0)

例の 日本研究者たちの声明

reply

 普通に考えれば、「欧米側としては日本をこう見ていますよ」、という意図の声明、となるか...

 " この共通認識を確認した上で 外交ゲームを展開して行きましょう "、であると...  まま、そんな感じだな。


 軍隊と慰安婦の問題に関して、謝罪とかはもういいから これ以上何も言うな、という警告もちょっと入っている。 欧米側から 一言クギを差してきた、という感じ。

posted by x3ru9x | reply (0)

シャープ = 大日本帝国

reply

 シャープは早い段階で韓国 台湾に液晶技術の技術移転を進めた。 それによってアジアに液晶テレビ共栄圏ができ、ヨーロッパ アメリカはそこから製品を買うだけのお客となった。

 シャープは液晶技術によってアジアを独立させ そして散っていった。 まさに、シャープ = 大日本帝国。

 このことに対してヨーロッパ、特にドイツは快く思っていない。 技術のあるドイツは中国と組んでリベンジしようとしている。


 次は水素技術。 つい最近、GT-R 開発者の水野氏が台湾の自動車会社に赴任した。 水野氏の赴任は自動車関連技術の技術移転の始まり。 たぶん、早い段階から水素技術は台湾に技術移転される。 そこからまたアジアに一大産業が生まれる。

posted by x3ru9x | reply (0)

AIIB

reply

 もし、ドイツが新しい水素製造装置を開発して中国と組み、AIIBを使い始めるとどうなるのか。 AIIBに絡んで水素インフラの話が出てくると、またちょっと空気が変わってくる。


 ADB はAIIB より先に水素インフラの話題を出して、「水素インフラのことならADB」、という流れを作るべし。

posted by x3ru9x | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.