x3ru9x | sa.yona.la help | tags | register | sign in

‘松本人志が緊急入院 全番組をキャンセル 股関節炎’

reply

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/06/27/03.html


股関節炎とは :


 股関節炎は文字通り”股関節の炎症”です。

 足のつけねの痛みや腫れが主な症状です。


 主な股関節炎をあげると

”単純性股関節炎”~原因不明(ウィルスなどが言われている)。安静、鎮痛剤(飲み薬、貼り薬)などで、数日でよくなります。

”化膿性股関節炎”~細菌感染が原因。激烈な股関節の痛みがでる。熱が出る事がある。放置すると軟骨がやられて変形してしまうことがあるため、診断がつき次第、緊急に股関節を切開し膿を洗い出す必要があります。

``````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````

 手術の可能性もあると書いてたから、膿が溜まっているのだろう。 性病からの雑菌の残りなのかも。


 座りっぱなしでいると骨盤の中の血の循環が悪くなる。 常にウォーキングやストレッチをしていたなら 少々の細菌ぐらいは血の循環の中で消えていく。 足をポンプにして骨盤の中の血を入れ替えよう。 歩いてストレッチ !!

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: ‘漫画の新聞’

‘漫画の新聞’ (2)

reply

 サイト内をまわってみると 結構おもしろい。

こんなお題をどう漫画にするんだ、というお題もある。

  「祇園祭、山鉾巡行観覧席の予約開始」

予約開始、って。 それでも読んでみると八坂神社のお祭りであることや、日本三大祭の一つであることがセリフにあって次のページも読んでしまう。 広告漫画という印象を受けた。 この漫画にインタラクションや購買用リンク、ツイートのなにがしがつけば、広告コミュニケーションという次の段階になる。 扱うネタとしては むしろウェブらしい。

 看板、チラシ、テレピスポット広告、そうゆうものから次の時代の広告である "広告コミュニケーション" という観点から見れば、これは可能性ある。 そんなことちょと感じた。


 次世代の広告について研究しながら、広告コミュニケーションサイト(たのしむ報道と広告) という方向に持っていけばいい

のではないか。 このサイトは注目。(どうゆう方向に行くのか、今後もウォッチしていこう)


 また、漫画について検索してみると、北海道って有名漫画家を多く輩出している漫画王国であることがわかった。 youtube 北海道のドイツ人漫画家



● 漫画の新聞 http://newsmanga.com/

mvrshiyn

posted by x3ru9x | reply (1)

韓国 ウルグアイ戦

reply

 かなりピッチが荒れている。 芝が簡単にめくれる状態。 雨も降り出し、タフな状況。 

韓国は後半 エンジンがかかってきた。

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: http://k6jmkt.sa.yona.la/124

http://x3ru9x.sa.yona.la/188

reply

 あ、はい、そうします。

posted by x3ru9x | reply (0)

...

reply

 今日は決勝トーナメントの最初の試合。 韓国、ウルグアイ。

posted by x3ru9x | reply (0)

ジャブラニ

reply


 どこの国の選手も そろそろジャブラニを使いこなしてきた。

posted by x3ru9x | reply (0)

960-640

reply

 iPhone4 の960-640 というのはpc画像としても大きい。

 

posted by x3ru9x | reply (0)

‘漫画の新聞’

reply

http://newsmanga.com/


 玉もあれば石もありますねー。

それとコメントを読むと 記事が遅いという書き込みが多い。  そこだわ。 弱点やね。 

ニュースの速報性と漫画原稿の遅さ。 漫画原稿が上がってくるのは遅い。

 ちょっとあとになっても 興味を持てるニュースを選別する必要がある。

posted by x3ru9x | reply (1)

Stickr ブックマークレット

reply

↓ 3連続クリックで一行選択


javascript:(%20function(loader_url)%20{%20var%20script=document.createElement('script');%20script.setAttribute('language',%20'JavaScript');%20script.setAttribute('src',%20loader_url);%20document.body.appendChild(script);%20}%20)('http://stickr.com/load?browser=chrome&tool=bookmark');

posted by x3ru9x | reply (0)

shake

reply


 i-dep のshake。

 自分としてはインテリアや建築のイメージ。 そのへんでコラージュ用画像を探してみるか...  一応 曲だけ。


・ 音元 -

● 同じアルバムの別の曲(曲名: sunday 向こうにflashプレーヤー) -

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: デンマーク戦

訂正

reply

 長谷部 を 長谷川 と書いてしまっていた。  あれ?  あれれ?  どひゃーー

posted by x3ru9x | reply (0)

Moonlight

reply


Download


 kennyG のサックス曲。

 サッカーでいっぱいになった頭を ひとまず休めよう。


● 背景黒 -

● 音元 -

posted by x3ru9x | reply (0)

デンマーク戦

reply

 いやー、すごかった。 見ていて ほんと面白い試合だった。 日本は覚醒しましたよ。

松井のキラーパスがカツンッ! と出て そのボールを追った長谷川 長谷部のスピードも速かったー。

 後半には ペナルティーキックのハラハラがありーので、盛り上がりどころタップリ。

アグレッシブさでギリギリしていて、いい試合だったー。


 前半の最初の方、そんなアクレッシブな攻撃ゆえ 前がかりになり、選手間の距離が開いてしまった。

あのへんのデンマークは冷静で、事前の研究から日本のパスを次々とカットしていた。


 それを受けての岡田監督の判断がなんといってもよかった。 あっ、これは研究されて読まれてるな と判断し、

全体を一旦下がりめにして 間を密にしながらピッチ内の指揮系統と自分たちのパス展開のテンポを取り戻した。

 あそこで無策のまんま突っ込んでいたならイタリアと同じようなことになっていただろう。

イタリアのパスの切られぐあいといったらなかった。前と同じメンバーが8人もいて同じような戦い方であるなら、

それはスロバキアの事前のシュミレーションどおりの動きで、戦力は相手に対して一段落ちた状態と同じだ。


 状況をみての方向転換は はじめから頭の中にあったのだろう。 ボールを取られて回されはじめると相手チームは

ボランチからの攻撃系統の整った組織的攻撃になる。 その組織的攻撃はカウンター攻撃なんかよりはるかに

脅威だ。 相手の弱点を突きながら攻め入る攻撃はあとでもいい、岡田監督は ゴール前で敵に進入コースを与えない

よう再度組織を立て直すという戦い方にすばやく切り替えた。


 この守への切り替えが速かったー。 今回、岡田監督はセカンドボールを相手と競り合ってマイボールにする

ようなことよりスペースを組織的に詰めて守ることの方をずっと優先させている。

 こぼれたボールがいつも敵のボールになっているように見えるのはそのためで、セカンドボールをマイボールに

しようと拾いに行くとスペースが僅かでも空いて進入コースができてしまう。 組織的守備が崩れない範囲で

なら取りに行く、崩れるならやめる、と何か割り切りがあったように思えた。 その割り切りはデータ分析からの

戦略なのだろう。 (その割り切りも攻守の切り替えの速さにつながっている)

 攻守の切り替えがすばやいというのは、チームの意思統一が うまくいってることの証。


 でもって、そんな中、あのフリーキック2本。 本田選手がフリーキックで自力覚醒、その覚醒の影響を受けて

遠藤が他力覚醒、この2本で日本は完全覚醒した。 タイプの違うあの2本のフリーキックはほんと美しかった。


 前のエントリーで書いた 俊輔、矢野、これはずいぶんと見当違いで、まったくの 自分の妄想でした。www

(ネタでした) (対デンマークということにおいて)



 さて、パラグアイ戦。

 今回の試合によって日本はパラグアイに、日本にフリーキック許してしまったなら 入れられてしまうかも

しれないという意識を植え付けた。 それゆえパラグアイはフィジカルなアタック(ファール)に慎重になる。

(わずかかもしれないが) これだけでもちょっとした圧力。 デンマークとの戦いの内容がパラグアイ戦にリンクし影響する。


 次もまた たのしみだわい。 まぁただ、負けたときの心の準備もしておかなくては... 今回の勝ちがあるだけに

負けると落差が大きくて苦しくなる。

 

posted by x3ru9x | reply (1)

デンマーク戦に向けて

reply

 ボールを一旦誰かに預けながらも遠藤と中村俊輔が常に連携を取ったなら、予測できないキラーパスを生み出せる。 オランダ戦でもわかるように日本のパスは読まれて狙われている。 遠藤のすかす動きと中村のテクニックが連携すれば、この2戦でのパスの傾向とはガラッと違ったパスになる。

 そして、

  ・ この2人をパスエンジンとしつつ、矢野を入れ本田をシャドーとする。 

  ・ 本田にボールを集めるように見せかけながら実は矢野のヘッドに照準を合わす(トゥーリオのヘッドも同時に待機)。

 遠藤、中村の予測できないパスの先に矢野のヘッド。 これですよ。


 遠藤、中村が同時に出たのはオランダ戦の最後の方だけ、まだ2人の連携の動きは見せていない。 あのときは玉田、岡崎も投入され、ドリブル突破を試み 日本はドリブル攻撃もするぞ をちらつかせて意識をそっちの方に向けさせた。


 さて、岡田監督は誰を起用するのか...

posted by x3ru9x | reply (1)

LED蛍光灯

reply

http://store.shopping.yahoo.co.jp/wich/288led40w.html



 ほー こうなってるのか。 16w。 ただ、一本 6500円。

posted by x3ru9x | reply (1)

オランダのサポーター

reply
7qw83x7k

 このオランダ人サポーターが言ってることは当たってるかも。 サッカーを見る目は確かだろうし。 

これはいいこと言ってくれましたよ。 次の試合に希望持てる。

 デンマークはピークを過ぎてるのかー。


http://www.youtube.com/watch?v=Kb6xoV11TpQ&feature=related

posted by x3ru9x | reply (0)

コラージュ

reply


 島耕作の広告を見たもんで作ってみた。

梅雨どきの京都の庭は 見ごたえあって美しいという。 石などが雨に濡れ黒が締まるから。

posted by x3ru9x | reply (0)

‘Googleブックスの本をページ単位でダウンロードできる「Google Book Downloader」’

reply

http://tokuna.blog40.fc2.com/blog-entry-2101.html


 俺は画面キャプチャしてた。

posted by x3ru9x | reply (0)

ポルトガル 北朝鮮 7-0

reply

 ポルトガルは、北朝鮮がブラジルと対戦した試合を見て選手の動き方を完全につかんでしまったのだろう。

一線のプロ選手は感覚が鋭くてビンビンしているから 一回戦ったり、一回ビデオを見ただけでも 相手の動きを

つかんでしまう。

 常に試合をしていて頭の中のイメージが豊かなプロと、出たとこ勝負のアマチュアの差が出た。

北朝鮮は 立ち上がれないほどに叩きのめされた。


 日本やデンマークとて同じ。 すでに、サッカー文化が豊かで鋭い分析力を持つオランダにウィークポイントを

あぶり出されている。


 日本もデンマークも お互い相手のウィークポイントはつかんでいるはず。 それゆえ、試合は たちの悪い夫婦喧嘩のように

相手の弱点を突きあいながらの死闘になる。 これは面白くなりまっせ。 世界ランクも同じようなところなんで、まさにガチ。


 次の試合で お互いえぐり出されるのは 未だ出しえていないポテンシャルな力(潜在力)。

潜在力をもっている方は、完全覚醒するかもしれない。 そうなれば、波に乗る。

 この試合に勝ったなら、次のラウンドに向けてチームは奮い立つ

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: 母国語ができないヤツに第二言語は無理

日本語 再発見

reply

> 英語できないと世界で生き残れない!とか思わずに、まず母国語の日本語を先に何とかしようや。


 んー、そう、一旦 英語に向かった意識も、よくよく考えてみれば自分の日本語はどうなってんだ、ということでくるりと踵を

変えて戻ってくる。

 実は自分もこのへんのことについて以前から問題意識があって、ちょくちょく考えたりする。

 "日本語をツール的に使うとしたら どんなやり方があるのか?" ということ。


 一つ着目したのが、日本語においての "立つ" という表現。

 日本語で何かトピックなことを表現するときは、"立つ" という表現をよく使う。 プログラムなんかでも英語では "走らせるrun"

だけど、日本語では "立ち上げる"。 "angry" にしても 怒る だけど、より衝動的には "腹が立つ"。 "苛立つ" なんかもそう。

旅に出発するは、"旅立つ" と表現する。


 他にも、


   "鳥肌が立つ" "聞き耳を立てる" "弁が立つ" "腕が立つ" "色めき立つ" "奮い立つ" "思い立つ"

   "目立つ" "身の毛も弥立つ" "浮き足立つ"。


   沸く だけでもいいところを "沸き立つ"。 煙が "立ち昇る"、 "泡立つ"、 "際(きわ)立つ" "巣立つ" "~を立ち上げる"

   霧が "立ち込める"


 また、


   "先立つもの" "用立てる" "出(い)で立ち" "役立つ" なんかも。


 さらに、


   立春、立夏、立冬。 庭の "立石"。



 これらは全部 "立つ" ファミリー。

 日本人は自分が受けた印象をトピック的に相手に伝えようとするとき、"立つ" という表現を使う。

日本人の表現は立つである、と言っていいぐらいに。

 

 で、この日本語の特徴が何のツールとして使えるかというと、お話作りのツールとして使える。

お話をトピックの連続と考えて、"立つ" という表現でつないでいく。 トピックとトピックの間は、"座る" とか "休む" とか

"寝る" という感じの活動の弱い間にしながら。



    俺にはビジネスのアイデアがあった。だがアイデアだけでは事は進まない。

   事業計画を立て プロジェクトを立ち上げようと思い立った

    しかし、先立つものが ほとんどない。 誰か 用立ててくれる人はいないものか...


    季節はちょっと春めき、立春を迎えた。 そんなおり俺の前にある女が現れた。


continue ...

posted by x3ru9x | reply (1)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.