x3ru9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

ソシャる

返信

" ソシャる "


>> ....... この言葉が転じて、ネットコミュニティでは、住所氏名などの個人情報を突き止めることを「ソーシャル」「ソシャる(動詞)」と呼ぶようになった。 <<   -  (はてなキーワードより)


 主役が Google から twitter や Facebook に移り変わろうとしている今、この " ソシャる " という言葉は上の解説とは違う意味を持つようになるのではないか。

上のの解説では ただの隠語。

 この言葉は、"ググる" とか "tsudaる" の延長線上にきてもおかしくない。 "ググる" "tsudaる" ときて " ソシャる " 。


 ソーシャルツール上での いろんな振る舞いを指す。 しかし、今はまだニュアンスは明確でなく、大多数の人にとってピンとくるものではない。


 湯川氏のあのエントリーは、はぎれのいいスパッとくる記事だった。


「簡単な話だ。主戦場はソーシャルメディアの領域であり、最大の敵はFacebookである。敵の敵は味方。なのでヤフーとグーグルが組んだのである。 時代は検索の時代から、ソーシャルメディアの時代に移行したのである。それだけのことである。」


 " ソシャる " が広まるのはこれからだ。 

「バンドやってんだったら もっとソシャれよ。」 とか、「自信のある品物でネットショップ開いているんだったら もっとソシャらないと... ソシャるのとソシャらないのとでは全然違うよ。この時代、セールストークはあまりうけないから。」 とか。


(流行るんかなぁー。 キーワード " ソシャる " でこのエントリーが検索一位になれば まずはよしとしよう。

検索してみたとろ、約8,660件 ヒットで3位。 1位も不可能じゃないぞこりゃ うひょひょ。 1位になった日にゃー

sa.yona.la が発祥の地だ。 フォッーー !!  ソシャる 取るよ。(まぁこの感覚が昔の感覚で、言葉に出すほど かっこわるくなる... つまりはそうゆうこと。) )

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

RT

返信
jd7kg6up

 それもこれも、日本の女性が群れとして動いているから。

ちょっと何かあると 携帯で誰かと連絡を取り合い 警戒を強める。 

そんな振る舞いの一つ一つが 日本の男を そうもっていってる。

 女が こうあってほしいという方向に自分を合わせているだけで、"男になる"、"男とは"、を自分自身 内省したからそうなったわけじゃない。

 日本の男は、"男らいしとは?" を自分の頭で考えることもなくなった。 女が こうあってほしいという男性像を仮の住まいとして日々生きているだけ。 今はまったく仮暮らしの身だ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

...

返信

 そろそろ 0時だからエアコン切ってみたけど ムリだなー。 ムワっとしてきた。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: 相変わらず的外れなことを言ってるのかなあと自分で思いながら(だったら黙れ って話だ)

http://x3ru9x.sa.yona.la/317

返信

 ごもっとも。 こうゆう指摘は歓迎です。w  自分でも こう書いてしまうと 青いドリーマーかなぁ、とは思った。


 これからの時代 ウェブはソーシャルだという。 そうなるとそこには 群れらしきものができ、動く。 (はてブにいたブックマーカーの群れもtwitter に移動してしまったように)

 オープンマインドな人の背後にも群れらしきものがあるだろうし、視野狭窄な人の背後にも群れらしきものがある、ように見えてくる。(ウェブを通して見たなら。現実はもちろん雑多。)

 そう見えてしまうようになったとき、自分は何と向き合い 何を共通項とするのか、というところ。 もちろん 自分自身も群れの中を動くから 自分を方向づけるものを ときどき確認しないといけない。

 リアルもウェブがらみで、何かが組み変わって、どこかへシフトしている。

 湯川氏の ウェブがソーシャル化の方向に進み始めた、とかのエントリーの影響で 自分自身 何かもやもやするものがあって、ちょっと妄想もあったりする。 ここんところ はっきりしたものがない...w 

 基本的に問題意識は、「コミュニケーションについて」。


 とりとめないですが... まぁとにかく、反応して何か書きたくなる叩き台のようなエントリーであったことはよかったです。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

‘日テレ記者ら死亡=ヘリ墜落取材で遭難’

返信

http://mainichi.jp/select/today/news/20100801k0000e040042000c.html


4piyna4b

 川上順さん(43、カメラマン)のプロフィールがFacebook にあった。 

上智大学山岳部 とあって山には慣れている人みたいだ。 (それゆえ、大丈夫と思ったのだろう)

 友達18人。 その中に、Ai Kawakami という女性がいた。 たぶん奥さんだろう。


3aershiy


 生々しい。 Facebook のページは、今朝 故人のページとなった。

ニュースで読むと 関係のない遠い人のようだけど、Facebook で見ると 違って見える。


 合掌。


追記 :


 局長が頭を下げている。 2人も死ぬと責任は重い。 死が殺しであったなら死刑だ。

すべては、"あいつは山岳部で経験者だから.." という過信から。


 1次遭難で1人、2次で5人、3次で2人。 全部で8人死んだ。 

発端は、沢登りしたいなぁー、というおばちゃん。

 インセプション(発端) → 潜在的危険(危機)、過信 → ジ エンド。 誰も悪人ではないのに8人が死んだ。 

キーワードは、"潜在的なるもの" 。 因果律を進行させた力は なんだったのか... 

それは山の中にあり、山だけが知っている。

投稿者 x3ru9x | 返信 (2)

‘ドーナツ店で男性店員暴れ、制止後死亡’

返信

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20100731-660455.html


ドーナッ店(てん) の...    ..て、笑ったら おやじ。  こうゆうのが日本語の乱れ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

‘英語の時制シーケンスまとめ’ を読んで気づいたこと

返信

http://d.hatena.ne.jp/LM-7/20100731/1280536823


 英語圏の人は、自分たちの言葉を世界中の人が学んでいる ということを知っているから、英語がロジカルに整理され

わかりやすい規範が示されたなら、それをちゃんと心得ておき、英語圏外の人が来たときは それに合わせるという気持ちがある。


 日本人にはそれがない。 自分たちの言葉を自分たちで再整理し、一番ベイシックなところを心得ておく ということがない。

外国から人が来たなら 郷に入れば郷に従えよ、みたいな押しがあって 自分たちネイティブと同じ日本語を期待(or強要) する。


 日本人のメンタリティが こうであるうちは いつまでたっても片田舎の住人だ(世界の中で)。

自分たちの言葉を再整理し、一番ベイシックなところは どこなのか を常に認識していたなら、外国から来た人との交流は変わる。 (いつでもベーシックモードでのコミュニケーションに即応できる包容力)


 こうゆうメンタリティを持たない日本は まだまだ辺境の島国。 世界の中では片田舎の住人。 平易な日本語を 世界の人に全然分け与えていない。 "知識を分け与える"、"言葉を分け与える"、は 教えるということだけじゃない。 自分たちの乱れた言葉を再整理し ベーシックポジションでコミュニケーションレディーな状態で待機できる、ということも付随して始めて 分け与えるということだ。


 やるよ と言ってポイッと知識を渡し、渡したあと自分たちは ヒョイと違うポジションに行ってしまう。 それでは分け与えたことにはならない(共有は完成しない)。 "知識を与える" は、のちの コミュニケーション もあって完結するもの。

 "コミュニケーションの意味"、"コミュニケーションという付加価値"、 を今一度 再認識しておきたい。 慢心のある日本人にならないためにも。 (慢心はすぐに見透かされる)

投稿者 x3ru9x | 返信 (1)

はてブの傾向が変わっているはずだわ

返信
sfyna4bm

http://kokumaijp.blog70.fc2.com/blog-entry-124.html

のサイドバーを見ると、twitter の方が断然 数が多い。 はてブの傾向が変わったのも合点がいく。

 かつてのブックマーカーたちは、twitter に行っちゃったんだな。

FFox の右上の検索窓から直で はてブを検索できて便利なんだけどなー。


・ 大 -

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

...

返信

 頭が回らない。  いろんな お茶にも飽きてしまった。  紙パックのアップルティーに、りんご100%の濃縮還元ジュースを継ぎ足し継ぎ足し飲んでいる。  これがうまい。  アイスコーヒーとコーラは、やめている。


 お盆までに 下痢をしたなら その夏は負け。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

‘郵便局会社 ウナギ4万個発送できず’

返信

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010073090175849.html


 かば焼きが 焦げ付いた。  苦情の数も うなぎ上り。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: pixiv

pixiv小説

返信

 一つの小説内で 個別ページに飛ぶリンクをつけることができる。 つまり 分岐を作れる。

進行する分岐。 一旦 進んで戻る方での分岐。 小説内リンクを使った方が面白くなる。


 これだけアップがあるんじゃ差別化しないと違いは出せない。


 自分でイラストを描き、プロットを考え文章も書く。 ブラス、からくりを埋め込みつつ分岐を設定する。 

でもって、最後に謎が解かれるところまで持っていく。 それができたら相当なものだ。

 システム的には できるようになっている。 運営側はそこまでのものを期待しているのだろう。

考えてみれば、今回のは結構 大きい拡張だ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: pixiv

...

返信

 ピクシブ小説のアップが速すぎて 自分が評価し点数をつけた小説があっと言う間に後ろに行っしてしまった。

見失った。 10点つけたやつ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

pixiv

返信

 pixiv に つぶやき機能と小説機能がついた。 イラストに使用許可があれば挿絵に使えるみたい。


 ちょろっとテストで小説を一つアップしてみた。 挿入したコラージュ写真はあらかじめpixiv にアップしたもの。

 (文章は以前ここにアップしたものです)

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3371

(アカウント必要)


・ 小説ページ上部に広告やら タイトルやらが多く スライドさせないと本文が見えない。 こうゆうのは読みにくい。

twitnovels は上部に本文が来るから読みやすい。 


・ イラストページで画像のキャプションのところに 小説のurl をつけておくといい。


・ つぶやき機能で 色のことや形のについて気づいたことを書くとか。


・ ピクシブつぶやき はアカウントなしでも見れる。 プクシブつぶやきは、スタックフィード という名称。 文字数は140文字。


・ ピクシブ小説のところに挿入できる画像横幅最大は、722px。 両側に8ドットの余白が空いてぴったりになる。

投稿者 x3ru9x | 返信 (2)

返信

 タイムリーな雨。 お天とう様も気がきくねー。 このひんやり感が欲しかった。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ココイチ

返信
erupt5j9

 グリーンカレー。 ちょっくら 行ってみようかねー。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

‘日本のヤフーとグーグルが提携した。このことは何を示しているのだろうか。 ’  (湯川氏)

返信

http://techwave.jp/archives/51483414.html


>> 簡単な話だ。主戦場はソーシャルメディアの領域であり、最大の敵はFacebookである。敵の敵は味方。なのでヤフーとグーグルが組んだのである。 <<

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

‘猛暑の首都、スモッグ追い打ち=「蒸し風呂」地下鉄で提訴も-ロシア’

返信

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010072700991


quna4bmc

 こんなところが 38~40度 だという。 

また、ロシアの小麦が不作で市場価格が20%ほど上昇している。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

はてブ

返信

 はてブ に上がってくるものが少し変わったような気がする。 ブックマークする人が入れ替わっているのだろう。

twitter に行っちゃったのかな。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

LOST

返信

以前、LOST も面白いかなー と思ってdvdを 4枚ほど見たけど、 あまり はまらなかった。 

・ 島の謎には 興味なし。

・ 一人一人のエピソードが くどくてしょうがなかった。

 はまる人と 気持ちが離れる人と 分かれるね、これは。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ギャラクティカ

返信

 シーズン4を 5まで見た。 前の日曜日にdvd 4枚見たときは ヘトヘトになった。

シーズン4のdvd 5枚目で、 ついに地球に着いた。 ヤッホーと思いきや、地球は廃墟だったんですねー これが。

 それにしても ギャラクティカには はまった。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.