x3ru9x | sa.yona.la help | tags | register | sign in

x3ru9x

ゲーム

RPGツクールのあのマップ上で水平線引力の感じを出すのは難しい

reply

 横スクロールのマップならできるかも..


 RPGツクールのマップ上で何かに引っ張られている感を出すことが そもそも難しい。 そのことから逆にRPGマップ上のキャラの役付けやキャラの意図が考えられる。 謎を解きたいとか、強い思い、意志でキャラは進む。 何かに引っ張られて進むわけではない。(引きつけられるかのように という表現はできる)

 ツクールマップ上で引っ張られている感を出せる方法があれば また話は変わってくる。


 RPGマップ上にお茶を置くと、お茶というアイテムを取りに行くという感じになる。 そうゆう感じで主人公がお茶を飲んでも、喉が求めるにまかせて引きつけられるようにお茶を飲んだという感じにはならない。


 同じゲームと言っても、グラビティーデイズのキャラクターとRPGツクールのキャラクターでは発想が全然違う。

posted by x3ru9x | reply (0)

グラビティーデイズ

reply

 水平線の方に引っ張られるのであるから、その引力利用の回生エネルギーでエネルギーを貯めていける。 (そうゆうアイテムで)  普通、勇者が水平線の方に進めば体力を消耗する。 車ならガソリンを消費する。


 主人公が回生エネルギーを貯めるとして、そのエネルギーを何にどう使うのか、力の発揮の仕方でキャラクターの 「立て方」 が変わってくる。


 引っ張られているのであるから 留まっているのに力がいる。 その力を出そうとする 「強さ」 はグラビティーデイズ世界においてどんな意味を持つのか。

 留まることの意味とは?


● 「水平線引力」 は思考実験としておもしろい。

posted by x3ru9x | reply (1)

League of Legends

reply

>>

League of Legendsは、Riot Gamesが開発したWindows用のチームストラテジーゲーム、Defense of the Ancients型のゲームである。基本プレイは無料であり、課金によって強さに差が出ることは一切無い。課金はキャラクターの見た目を変更するものである。略称:LoL。


多くのゲームレビューサイトなどで高評価を得ており、2012年、世界で最もプレイヤー数の多いPCゲームとされている。 米国ではプロスポーツ選手用のビザが認定されるなど、プロゲーマーが競い合うエレクトロニック・スポーツの種目としても注目されている。

<<

http://universe.leagueoflegends.com/en_US/regions/

posted by x3ru9x | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/14217

reply

>>

調査は、ジェトロ=日本貿易振興機構が、農林水産物や食品などを手がける企業を対象に行い、2630社から回答がありました。


それによりますと、実際に輸出を行っているのは、およそ28%に当たる734社で、このうち72%余りが輸出規模の拡大を検討していると回答しました。

<<


 一社一品とすると734社で734品。 半分としても365品。 さて どんな組み合わせがある?

posted by x3ru9x | reply (0)

【ゲームアイデア】 貿易ゲーム、あるいは、日本ブラント構築ゲーム

reply

 相手の国に日本ブランドの太い柱を打ち立てていくゲーム。

 ミソとなるのは、日本製品の組み合わせでどうゆうエコシステムを作るか、作れるか なところ。

 たとえば、クボタの田植え機とシャープの炊飯器、この2つは農業と食の分野にまたがってできるエコシステムの中の2つ。 田植え機で米を作り、炊飯器で炊く、というつながり。

 こうゆう 商品エコシステムを作りながら それを相手国に輸出し、ブランドを確立していくというゲーム。

 日本製品(エコシステム)には、発想、コンセプト、思想もあってそれが相手国の信条とからんでいく。 物言わぬ政党と相手国の政党との戦いありーので。



● このアイデアはsayonala発なので一応クレジットしておきます。 x3ru9xが言い出しました。

posted by x3ru9x | reply (1)

『GRAVITY DAZE 2』手書きのようなグラフィックの制作工程、リポート【GCC’17】

reply

https://www.famitsu.com/news/201702/20127330.html

>>

 スタッフの意識の統一を図るためあるキーワードを設けたという。それが「手書きのイラストのようなグラフィック(を本気で目指す)」。これは文字通りの意味ではなく、ゲーム内のスクリーンショットを見た人が「これは手書きのイラストだ!」と思ってしまうようなものを、本気で目指すということだ。

------


 『GRAVITY DAZE 2』で力を入れていた空は、すべて手書きで書かれているとのこと。エリアごとに空も違いがでるので、全100枚に及ぶ空のテクスチャーを一枚ずつPhotoshopで制作しており、クリエイターごとのタッチの差が出ないよう、茂木氏ひとりですべての作業を行ったそうだ。工数を減らすところは減らし、こだわるところはしっかりこだわりを見せていると伺える。

<<

posted by x3ru9x | reply (1)

11月に仕事のネタを仕込んで取り組んでいると 4月に成果が表れて いいスタートが切れる。

reply

 ドゥテルテ氏とスーチーさんはそのために来た。 フィリピンとミャンマーは 来年4月にこの11月の仕込みの成果が現れて いい感じの一年がスタートする。 (ドゥテルテ氏とスーチーさんはよくわかっている)

 それに対して、11月に大失敗の結果が出た韓国は11月に仕込みができず 来年4月になっても何もスタートしない。


 11月に何か仕込むといいのは個人のレベルでも同じ。 ごく簡単なことでいい。 「RPGマップとゴールドアイテム作りのネタを仕込む」 といったものでいい。 そうすれば 来年4月にキャラクターを迎えられる。

● 「迎えられる」 → キャラクターとはユーザーが持ってくるもので、クリエーターがキャラクターを造形してもユーザーが気持ちを入れないとキャラクターは立たない(活きない)。

● どんなマップとアイテムを作ればいいのか → ユーザーが自参するキャラクターが活きて立ち上がってくるマップとアイテムを作る。(自参 → 気持ち、興味を自参)  対話できるマップを作る。

● 注意すること → 組み合わせて考えるものはマップとアイテムであって、マップとキャラクターではない。 キャラクターはユーザー(ブレーヤー)側にある。

● 自分の回りで11月に何か仕込み始める人とは近づいておいた方がいい。 ● 11月に娯楽旅行に行こうとする人とはスルーぎみに付き合い、勉強旅行しようとする人とは連絡を取っておく。  11月の回りの人の動きを見よ、だ。

posted by x3ru9x | reply (0)

町田 に ル を差し込むと マチルダ

reply

 ルがあるかないかで和洋が切り替わる。 ルが現れるか消えるかがスイッチ。

 「ル」スイッチ。



● 和風か洋風か、という選択肢を設定するのではなくて、

・ いままでの話の流れから和風にすると謎が解けるとすでにわかっている。

   ↓

・ あとは和風か洋風かに切り替える鍵になるスイッチを見つけるだけ。

  (上記、「ル」を見つける)

   ↓

・ ヒントは鍵になるスイッチを見つけて和風になったときどうなるのか、の2手先に置いてそこから引っ張ってくる。 逆算して考えると鍵のありかの見当がつく とする。

  鍵に届きそうで届かない距離感のアヤを演出する。


 大きく話の流れを変えてしまうような選択肢は設定しない。 話の流れは一本にして、その話の流れが暗くなるのか明るくなるのか、悲観的になっていくのか希望が見えてくるのかの雰囲気の違いが出るだけの選択肢にする。 話の流れの表情を何種類か考えるということ。

posted by x3ru9x | reply (0)

ファイナルファンタジー 15 とは

reply

 もし、アメリカに王政があって王や王子がいたなら、、というコンセプトのゲーム(であるような)。 確かにそれはファンタジーだわ。


 王子を守るため 騎士の精神をもったアメリカ人が登場してくると。 なるほど それは面白い。


 ヨーロッパからは古い建物、日本からは近代建築とテクノロジーを持ってきたと。

posted by x3ru9x | reply (1)

セカンドライフの失敗から何を学んだのか。

reply

 セカンドライフで 一度 失敗しているから、今度 うまくいく可能性がある、かな?


 世界観のない寄せ集め空間では失敗する。 世界観が確立したところにまずは入る、という持って行き方。 その世界観を獲得するためにアニメが使われる。


 セカンドライフの失敗から考えれば、VRにおいてアニメの役割が重要になってくる。



 ヘッドセットVRのサクセスストーリーの発端はセカンドライフの失敗にある。 と、一応 言っておこう。


 セカンドライフで失敗した経験のある国がヘッドセットVRで成功する。 日本はセカンドライフで失敗しておりまーーす。

posted by x3ru9x | reply (0)

ヘッドセットVRゲーム内でのカスタマイズがプロダクトになる可能性

reply

 VR になると そうゆうのが結構 出てくるのではないか。

ヘッドセットをかぶって腕を上げたり下げたりするのは労働だから。


 VR内で自分が作った部屋に人を招待する、というセカンドライフ的なことがヘッドセットVRで焼き直されるのかな?

posted by x3ru9x | reply (0)

Bloordborne (PS4) と The Order : 1886 (PS4)

reply

 どちらもダークファンタジー系。 画面が暗ーい。


● 画像検索

・ Bloordborne (PS4) - http://bit.ly/1TYJL0h

・ The Order : 1886 (PS4) - http://bit.ly/1S3vRLK


 1886年は 明治16年。

 長崎に中国の軍艦がやってきて ↓ の事件があった。 長崎事件。

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1283.html

posted by x3ru9x | reply (0)

RPGツクールMV発売記念イベント 全講演内容

reply

http://tomotaka.tk/rpgtkoolmv-opening-event/


 すごい力が入っている。 大々的に展開するらしい。

posted by x3ru9x | reply (0)

三国志武将名鑑 「曹操」 その他 (コーエイ)

reply

https://www.gamecity.ne.jp/sangokushi/12/bushoumeikan/0002_sousou.htm

posted by x3ru9x | reply (0)

もう少しすると出てきそうなゲーム関連用語

reply

 「AI ベースドアーキテクチャー」

 「AI ベースドエンジン」

posted by x3ru9x | reply (0)

ニコニコ生放送のPS4ゲーム実況

reply

http://live.nicovideo.jp/recent?tab=live#/start_time/desc/1/486e592057e106c668ac9f92c37634143a05d971

posted by x3ru9x | reply (0)

これまでのゲームの色調の推移 (海外サイト)

reply

http://www.gamasutra.com/blogs/HermanTulleken/20150729/249761/Color_in_Games.php

posted by x3ru9x | reply (0)

横スクロールの鉄道ゲーム Train Station

reply

http://portal.pixelfederation.com/?a=trainstation/about

posted by x3ru9x | reply (0)

MT frameworkとは、株式会社[[カプコン]]によって独自に開発された マルチプラットフォームゲーム開発エンジンである

reply

 ドラゴンズドグマで使われている。

posted by x3ru9x | reply (0)

ウォッチドッグには新エンジン『Disrupt engine』が実装

reply
ウォッチドッグで利用されるエンジン『Disrupt engine』は、ファークライやアサシンクリードで利用されているAnvilエンジン、Duniaエンジンなどの機能を組み入れた完全に新しいゼロから構築されたエンジンのようです。

ファークライのようなオープンワールドに対応し、アサシンクリードのようなAIにも対応したハイブリッド的なエンジンのようですね。次世代を意識しつつも、現世代コンソールにも対応しているという配慮の深さ。

ウォッチドッグには新エンジン『Disrupt engine』が実装


 UBI の新エンジン Disrupt engine は、WatchDogs用に開発された。 UBI のエンジンは CryENGINE に近い。 アンリアルとはまた違う。

posted by x3ru9x | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.